【不倫騒動】斉藤由貴、会見に嘘はなかった?囁かれる「重病」説・・・

 女優の斉藤由貴が8月3日、東京都内で『週刊文春』にスクープされた自身の「W不倫」についての釈明会見を行った。

 斉藤は疑惑が持たれている男性医師との関係については「家族みんながお世話になっているお医者さんです」と語り不倫関係はきっぱり否定した。
 また「恋人つなぎ」で手を繋いでいる写真については「階段を降りる時に足元がおぼつかないというか・・・そういう時に支えてくれるところのある優しい人だった」「ごく一瞬のことで何も覚えていない」と説明した。




 斉藤由貴は過去には尾崎豊、川崎麻世らと不倫関係にあったと報じられ、今回の会見は約20年ぶり3回目となる。そのため「二度あることは三度ある」と斎藤の不倫については「弁解の余地なし」との声が強いが、ここにきて一転、本人の釈明通り斉藤には以前より「重病説」があり、常に体調を心配する声が関係者間で強かったという。

 今回の不倫疑惑が報じられる数日前の7月31日、斉藤由貴は自身が出演している映画『三度目の殺人』(監督:是枝裕和)の完成披露試写会に出席。
 共演者の福山雅治、役所広司、広瀬すずらと階段状のレッドカーペットを歩いたのだが、その際、斉藤由貴は明らかに足元がふらついており、両脇の是枝監督、広瀬すずに支えられ階段を降りていた斉藤の姿が多くのメディアや見物客によって目撃されている。




 また、斉藤由貴は近年、11キロもの減量に成功。現在の体重は40キロ台とされているが、見た目にも「明らかに痩せすぎ」との声もあり、内臓疾患などの病気を心配する声もあったという。
 そのため一部では、男性医師との肉体関係はともかくとして「恋人つなぎ」については「ごく自然な主治医の介抱だったのでは」との声もあるという。

 かつて「魔性の女」と呼ばれた斉藤由貴も今や50歳の中年女性。「寄る年波には勝てぬ」といったところか・・・。

(文:パンダ・レッサーパン・ダグラフ ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

関連ニュース
役員をも恫喝した有名プロデューサーA、使途不明金数億…解雇後もなぜか豪奢な生活!?
人気芸人に媚びまくり、枕営業の成果で大女優に成りあがったA!
セコ過ぎる!タレントA「私は芸能人、もっとサービスしなさいよ! 」
舌足らずで人気の子役A、日常生活ではペラペラと流暢な会話!
事務所からも厄介者扱いのアイドルA、後輩や芸人に媚び売りまくり!

画像PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る