役員をも恫喝した有名プロデューサーA、使途不明金数億…解雇後もなぜか豪奢な生活!?

キー局のゴールデンタイムで視聴率をとると、担当プロデューサーの地位は局内で飛躍的に上がる。

数字を重視するテレビ業界では数字をとることが全てなのだ。

約十数年前に都内某局で人気番組を立ち上げ、仕切っていたプロデューサーA。




Aは自分の生活費や家族旅行の費用、愛人へのプレゼント代、マイカーのリース代、自宅のローン代まで番組経費でまかなっていると噂が囁かれていた。

当然、会社の上層部は気づいていたが、数字をとるプロデューサーだけに言いづらい。

ある役員が意を決して 勤務態度を指導したところ

「俺、数字とってるんですが・・・。なんなら辞めてフリーになってもいいんだぜ」

と逆に役員を脅かしたというのだ。




人気番組は数年間続いたが、最終的に社内監査で数億円の横領が発覚し番組は打ち切られたが、会社は対面を恥じてかAの横領は不問にされ、形としては依願退職として処分された。

番組打ち切りから十年が経ったが、その元プロデューサーAは密かに貯めておいたお金でクラブをオープン。今でもクラブオーナーとして豪華な暮らしを送っているというのだ。

悪いやつほど、世渡りがうまいのかもしれない。

(隼 英人 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る