【実話怪談】「夕日」

 与古田さん(仮名)という男性が体験したという昭和50年頃の話である。当時沖縄に住んでいたYさんは信じがたい光景を見たという。

 ある日の夕方、小学校から帰宅しようとYさんが準備をしていると歌声が聞こえてきた。

「ぎんぎんぎらぎら夕日が沈む、ぎんぎんぎらぎら日が沈む」

 聞こえてきたのは童謡の「夕日」である。声を聞くぶんには女の子のようだが、どうも1人で歌っているようだった。(居残りで歌でも歌わされているのだろうか)そう想いながらYさんは、校庭を通り、自宅に帰る事にした。

 「ぎんぎんぎらぎら夕日が沈む、ぎんぎんぎらぎら日が沈む」

 また歌声が聞こえてきた。声は校庭にある木から聞こえてくる。その木を見ると、防空頭巾を被った女の子の首が木の周りを回っているのである。




 女の子の首だけが歌いながら回り続けている・・・。

 恐怖に耐えられなくなった与古田さんは、自宅まで一目散に走って逃げたという。聞いた話では、その木はどうもいわく付きの木だったらしく、その後学校側が供養をしたという。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©写真素材足成

関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る