UFOによって引き起こされた異常?謎のノイズが混入した動画

UFOが現れると、その機体から発される電磁波や電磁気のせいなのか、電子機器が影響を受けて異常がおきたり、自動車のエンジンがかからず止まってしまう等の現象が報告されている。

この現象が記録されてしまったUFO動画も存在する。




2008年4月11日の午前7時20分頃、アメリカはテキサス州ヒューストンにて現地在住の人物が飼い犬に餌をやろうとして庭に出た際、奇妙な物体が上空に浮遊しているのを目撃。あわてて自宅に引き返してカメラを持ち出し、ビデオ撮影を行ったのだという。

その動画には、短いながらも黒くつばのある典型的な形状のUFOが捉えられていた。しかし、問題はその動画に発生したノイズであった。浮遊しているUFOが傾いたり、動きだすと画面にノイズが走り、乱れてしまうのである。これもUFOによって引き起こされた機器異常によるものなのだろうか?




この動画はアメリカのUFO研究家に送られ、検証の結果CGを使用した可能性は低いとされた。

本当に地球外から飛来したものが映ってしまったのかと話題を呼び、当時はテキサス州ローカル番組だけでなく全米中継のニュース番組でも紹介、放送されて話題になったという。

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連動画
UFO close-up footage Houston TX 2008

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る