ツィッターで謎の生物正体判明!そのウミウシとは・・・カリブ海の生物だ!

三重県志摩市にある水族館「志摩マリンランド」が、施設内にある予備水槽の中にいた1cm程度の「謎のウミウシ」の正体を暴いた。ツィッターを駆使し、見事にその実態を知ることになったのだ。

この「謎のウミウシ」、係員の誰もが種類を判別できず、図鑑にも掲載されてなかったが、写真をツィッターで拡散。全国一万七千人のウミウシファンの協力により「クトナ・ペルカ」という種類だと判明した。




この「クトナ・ペルカ」、本来はカリブ海に生息しており、船底に付着するなどして世界中に広がった。日本では岸和田で発見事例があるらしい。

ウミウシは短命なので、一カ月以内の展示になるかもしれないと言われている。

因みにアトラスでは過去に「顔のない魚」「ミステリーサークルをつくる魚」などを記事にしている。本当に海の中は不思議な生物が多い。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)




画像©志摩マリンランド公式Twitterアカウントより

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る