6月24日に放送された『情報7days ニュースキャスター』(TBS)にて番組レギュラーのビートたけしが「パワハラ疑惑」に揺れている豊田真由子議員についてコメントした。

 元秘書の男性に「このハゲー!」「違うだろぉぉぉ!」と暴言を吐く豊田議員の録音音声で聞いて、ビートたけしが「テレビでよく放送コードみたいなのがあるけど『ハゲ』という言葉は放送していいんですね」と疑問を投げかけた。




 その質問を受けた安住紳一郎以下、出演者たちは無言で受け流すしかなかった、という一幕があった。

 たけしが触れた「放送コード」とは世間では「放送禁止用語」と言われているもので、代表的な放送禁止用語には「あいのこ」「日雇い」といった古くから日本で使われている用語のほか「百姓」「床屋」など特定の職業を指すものなど多数存在している。

 これら放送禁止用語のリストは一般の目に触れることはまずないが、近年はますます規制が厳しくなったとされており「チビ」や「ガキ」「バカ」など比較的日常生活で使う機会が多い日本語も21世紀に入り続々と放送禁止用語の仲間入りをしたとされている。




 そんな禁止用語のなかに今回たけしが指摘した「ハゲ」もリスト入りしたという噂があり、今回のたけしの「放送していいんですね」の疑問に繋がったと思われる。

 もっとも、放送禁止用語には明確なルールがある訳ではなく各放送局・制作会社で基準が違うとされており、「バカ」や「ハゲ」も放送局や媒体、状況によっては問題なく放送されることもあり、今回の豊田議員の「ハゲ発言」のはパワハラの証拠材料という要素が強いため伏せられることなく放送されている思われる。

(文:網元メロンパン ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連ニュース
アタマに釘が刺さっても平気!?大物歌手Aのヅラは鋼鉄なのか?
【笑っちゃ…駄目よ】ヅラで有名な関西の文化人B先生のハラハラする話
突然髪の毛が増えた俳優A「ヅラじゃなってば、植毛だよ!」と夜の街に響き渡った!
関西有名作曲家、絶対に覗いてはダメ!『ツルっの恩返し作戦』中に…悲劇が
恐怖の超常現象!大物ヅラ写真家B、頭皮の中に指を突っ込んで頭を掻く

画像©PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る