恐怖の超常現象!大物ヅラ写真家B、頭皮の中に指を突っ込んで頭を掻く

大物写真家Bと言えば、何十年に渡り活躍する日本を代表する現役フォトグラファーである。

また、Bは写真家としてではなく、ヅラ着用家としても業界ではつとに有名である。




高級ウィッグを使用しているのだが、さすがに撮影中は照明などの影響で中身が熱くなるらしく、時々カツラの蒸れを和らげる『ヅラ待ち休憩』が挟まれるという。

しばらく休むと、フットワークの軽いBは、「やあ、待たせたね」と元気に帰ってくるが、時折髪の毛の向きが変わっているらしい。しかし、恐ろしくて当然誰も指摘は出来ない。

だが、さすが一流の写真家である。

Bはテンションがノッてくると、「ヅラ待ち休憩」も挟まず撮影を続けることもある。




そうなると、カツラの下が痒くなるらしく、Bは熱心にシャッターを押しながら、ヅラと頭皮の間に指を突っ込んで、ボリボリと掻き始めるという。

端から見ると、頭皮の奥深く、まるで頭蓋骨の中まで指を入れて搔いているように思えて、その恐怖といったら尋常ではないという。

(松田ケン ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る