【動画あり】エイリアン襲来!?ペルーで出土した謎のミイラ、ついに精密検査へ!

世界中に存在する古代遺跡の中からは、まれに宇宙人が実在したのではないかと思わせるような、高度な技術で加工された遺物や奇妙なミイラ等が発見される。

こちらはペルー・ナスカの遺跡から出土した謎のミイラだ。

全体が白く硬化しており、膝を抱えて座り込んでいるような姿勢を保っているが、このミイラには人間とは違う点がいくつか存在している。

後頭部が大きく、頭髪などが確認できない。特に異常なのはその手で、よく見ると指が三本しかないのだ。大きな目は閉じられており、どうやらつり目であったことが想像できる。

このミイラは1997年5月にX線検査にかけられており、その結果ちゃんと人間に近い骨などの構造が確認でき、またわざと指を欠くなどの工作が施された証拠も確認できなかったため、「本物のエイリアンのミイラなのではないか?」と考えられているのだ。

さて、以前アトラスにて、ペルーで出土したエイリアンの死体と手のミイラについて報告したのを覚えているだろうか。このとき発見されたミイラは非常に小柄なエイリアンのもの2体と、大きく長い三本指の手のミイラなどであった。そして、後にX線にて鑑定した結果、実際に内部に骨があり、実際に何らかの生命体の手ではないかとする可能性が出てきたのだ。

このミイラたちと、今回紹介したミイラは非常に姿が似ているため、近縁種なのではないかとする仮説も出てきているという。

今回のミイラは更にDNA鑑定を行なう予定であるとのこと。ペルーの宇宙人ミイラの真実は近いうちに明らかになるのだろうか?

関連記事
【動画】長い頭、細い体…新たなエイリアンのミイラが発見か!?
本物の骨だった!!宇宙人のミイラ…X線検査で判明した衝撃の事実!

関連動画
Potential Alien Body Unearthed In Nazca, Peru. A Species Unlike Anything Found In The Fossil Record?

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る