国道234号を栗山駅(北海道夕張郡栗山町中央)から南下する不自然なカーブがある。

これはある『たたりのある木』を避けて通るためである。そして、この木はすすり泣くというのだ。




明治23年、作業中の囚人(一説には強制労働させられた人々)が取り組んだ難工事であり、多くの死者が道端に埋葬された。当初その労働者の怨念とも言われたが、女の声で泣いているように聞こえる。

この飯場にだまされてつれてこられた娘が毎夜男たちから辱めを受けたとも、あるいは高い身分の男と恋仲になった娘が交際を妨げられてもう逢ってくれなくなった男を思い、この木で首をくくって自決したとも言われている。

とにかく、この木をきろうとすると死者が出るので誰も手をつけずために道がカーブしてしまったのだ。

昭和45年、その話を信じないよそ者が道路の整備工事中に酒の勢いで切ってしまった。チェーンソーではひとたまりもなかった。

この男は噂通りにその後行方不明とも、死亡したとも言われている。




切られた木を風呂や食事のにたきに使った家では体調を崩すものが続出した。

現在切り株しかないが、供養塔の横に二世の木が植えられている。

(ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る