女性を殺害し、調理して食べた!フランスと日本を震撼させた「パリ人肉事件」

今から約36年前の1981年6月13日、フランス・パリ西方にあるブローニュの森の中で女性のバラバラ死体が詰め込まれたスーツケース2個が発見された。

パリ警視庁が捜査を開始したところ、犯人らしき人物を現場に運んだとするタクシー運転手の証言が寄せられた。その人物はパリ第三大学に留学していてエルランジェ街に住んでいた日本人の佐川一政だった。




しかし、警察は踏み入った彼のアパートの中で衝撃的なものを発見することになる。冷蔵庫の中には複数のビニール袋があり、中には殺害された女性の顔や乳房などが小分けにして入れられていたのだ。そしてキッチンのフライパンの中には調理された肉片が見つかった。彼は女性を殺害しただけではなく、食べていたのである。

殺害された女性は彼と同じ大学に通うオランダ人の学生で、佐川は彼女に個人的なドイツ語レッスンを受けていた。6月11日に佐川は彼女に告白するが袖にされ、銃で殺害。更に女性の死体を犯し、解体する様子をカメラに収めていた。




一見逆上しての犯行にも思えるが、凶器等は予め購入していたりするなど実は計画的なものだった。だが、逮捕された後に受けた精神鑑定の結果、心身喪失と判定されて不起訴処分になっている。後にフランスと日本で精神病院に強制入院させられるも、それぞれ1年と数ヵ月で退院。刑事責任を問われることも、保護観察も行われなかった。

彼は女性を殺して食べた事について問われた時、「好きだったから食べてみたかった」「相手を身近に感じる行為が食べるという行為だった」と答えている。しかし、逮捕された後はこのような衝動は無くなってしまったと回答していた。

(田中尚 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る