犬山の八尺さま

八尺様は、2メートル以上もある巨大な女性の妖怪だ。

長い黒髪に白い服や、黒いロングコートなどを着ており、若い男性を付け狙い、最後にはとり殺してしまうと言われている。




なお、「ポポポ…」という不気味な声を常に発しているという。

八尺様は普段は祠や塚などに封印されているらしいが、もし封印がとかれてしまった場合、獲物である若い男性を求めてさ迷うとされている。

八尺様に一度狙われると、その影響から逃れるのは至難の業。沢山のお札などを用いて結界をはったり、対処法を知る人やお坊さん数人がかりで儀式を執り行わないと、逃れる事は出来ないと言われている。




八尺様は近年、インターネットが発達してから急に話が広まったため、一部では創作ではないかとも言われている。

しかし、近年になって愛知県犬山市在住の女性より「二階で就寝していたら『ポポポ…』という変な音と人影が通り過ぎていくのを目撃した」という証言があったため、俄に実在の可能性が高くなったのである。

(山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る