火星にエイリアンの足跡が!?探査機が捉えた謎の痕跡

「この一歩は人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな一歩となるだろう」

これは月面に降り立った宇宙飛行士ルイ・アームストロング船長の言葉だ。この言葉と月面に残された足跡の写真を見たことのある人は多いだろう。確かに、その後も宇宙開発が続いていく事を考えると、この一歩は大きな一歩だったと言える。




この有名な足跡写真と非常によく似たものが火星地表上で発見された。

問題の写真は火星探査機が送ってきた画像に写っていた。たしかにそこには、砂が踏み固められ靴底の溝も確認できるほど、くっきりと足跡らしきものが写っている。

だが、当然ながら我々人類は未だに火星に降りたっていない。では、この足跡は何なのだろうか。

海外のUFOファンらの間では、この足跡を火星に降り立ったエイリアンのものではないかとする説が出てきている。地球には「サンダルによって踏み潰された三葉虫」の化石が残っている。




この足跡と火星の足跡がよく似ているとしいう意見が出ているのだ。

だが、一方でこの足跡は単に岩が露出したものに過ぎないとする意見もある。果たして、足跡を火星に残した主は誰だったのだろうか?

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連動画
Footprint Found On Mars? Just Like the One Left On The Moon By Neil Armstrong? (Mars Mysteries)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る