シー・サーペントを間近で捉えた!?あの有名な写真の真実に迫る

古来から海には巨大な海蛇の怪物「シー・サーペント」が出現すると言われていた。目撃された場所も年代も幅広く、特に中世には多く目撃されていたようだ。

そんなシー・サーペントを捉えた写真として有名なものはこちらだろう。




透明度の高い青い海の中、巨大なヘビのような黒い物体が体をくねらせながらこちらに向かって泳いできている。シー・サーペントを捉えた代表的なものとされるこの写真は、こちらに迫ってくる怪物の迫力もあって臨場感に溢れたものとなっている。

この写真は1964年にフランス人航海士であるロベール・セレック氏とその家族が撮影したとされているものだ。

実際に迫り来る怪物を撮影したものとすれば非常に衝撃的な写真だが、あまりにも綺麗に写り過ぎていることや、撮影者や奥に浮かんでいる小舟に乗っている人が怪物に対して何のリアクションも起こしていない事から、早くから仕込みではないかとする指摘が上がっていた。撮影者のセレック氏も山師的な側面や仕込みを匂わせる発言を事前に残しており、巨大な黒い布を用いて海に流して撮影したトリック画像ではないかとする指摘が存在していた。

だが、セレック氏が撮影していた写真はこれだけではない。なんと、このシー・サーペントの頭部のアップも撮影に成功していたのだ。2枚ある写真には船のへりとこちらを見上げるような巨大な黒い頭部が写っている。だが、こちらの写真も透明度の高い水の中で至近距離から撮影しているにも関わらず、細部がはっきりしない。小さな目があることは解るが、それ以上のディテールが確認できないのだ。




一方で、よく見ると顔の輪郭が水によるものとはまた違った形で歪んでいることがわかる。そのため、顔のアップは魚の群れを撮影したものではないかとも考えられているのだ。

引きもアップもいずれもフェイクの可能性が高いセレック氏の写真だが、長きに渡って人々を驚かせ、未確認生物の可能性を感じさせた事実は変わらないだろう。

(加藤史規 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る