本日は「文鳥の日」!ハワイが「文鳥パラダイス」と呼ばれる理由とは?

日本記念日協会によると本日10月24日は「文鳥の日」となるという。

理由としては10月が手乗り文鳥の雛が出回りやすい時期ということのほか、手乗りにできる習性を持っているために「て(10)に(2)し(4)あわせ」の語呂合わせという説がある。




そのため、Twitterでは10月24日となった時点で文鳥の画像が大量にアップされる自体となっている。

現在、文鳥は隠れたブームになっており、文鳥をモデルにしたガシャポンが販売されたほか、文鳥の写真集、文鳥グッズのほか、各地で文鳥関連のイベントが開催されるなど「プチ文鳥ブーム」といっても過言ではない。

文鳥は英名で「ライスバード」と呼ばれれていることからわかるとおり、日本には非常に馴染みのある鳥で江戸時代初期にはすでに愛玩鳥として飼われている記録がある他、明治の文豪・夏目漱石が小説のモチーフにするなど、まさに日本の文化とともに歩んできた鳥といえる。

hawaiian-umbrella-730371_1280

そんな文鳥であるが、実は日本以上にハワイ諸島が「熱い」とされている。

実はハワイは20世紀に入ってから何故か、大量の文鳥が野生化。ハワイでは日本のスズメ並に野生の文鳥を見られるという。




そのような理由から日本の文鳥ファンにとってハワイは「文鳥パラダイス」であり、野生の文鳥に会いにハワイへ旅行する人も多いという。

日本の文鳥とハワイの文鳥の違いはファンに言わせると「野生ならではの筋肉、たくましさ」とのことであり、日本の文鳥は愛玩鳥のため腹筋が発達していない文鳥が多いが、ハワイの文鳥は野生ゆえ腹筋ムキムキ、顔もややイケメンなのだという。

ハッキリ言って好きな人以外は全く見分けはつかないと思うが、ファンから見れば違いは一目瞭然で「野生文鳥ファン」を自称するファンも多いという。

(文:北島あいら ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る