海老蔵と小林家の温度差?! 麻央さんのブログ本出版が中止…





小林麻央さんがガンとの闘病の末に亡くなり、先週の22日で一周忌となった。最期まで家族を気遣う麻央さんの生き様は多くの人に感動を与えた。

以前より夫である市川海老蔵が断言していたように、晩年麻央さんが綴っていたブログを本にする計画が進んでいた。しかし、ここに来て出版の話そのものがなくなってしまったようだ。

一部の心無い人から「死者を使って金儲けするな」という批判も聞かれたが、大部分の小林麻央ファン、海老蔵ファンは心待ちにしていた。

この出版中止にはどんな背景があるのであろう。

関連記事
ブログランキングが下落中の泰葉、アクセス増加狙いで小林麻央さん記事!?
小林麻央の死去、盗んだツィッターアカウントで暴露した謎の人物




関係者に取材するとそこには、海老蔵と小林家の温度差があるという。

子供たちのためにも、母親の生きた証を本にしたい海老蔵と、もうそっとしておいて欲しい小林家の考えの相違である。

一周忌のお別れ会、偲ぶ会では小林家が主体で動くなど、麻央さんを巡るパワーバランスは海老蔵主導から小林家主導に替わりつつあるようだ。

また、以前アトラスでも報じたように姉の小林麻耶が「良きおばさんになる」と断言したり、2020年東京オリンピックで市川団十郎を襲名するにあたり、再婚するのではないかと噂されたり、海老蔵と小林家が段々と距離を取りつつあることがわかる。

いよいよ、海老蔵が再婚するのか。まだまだ先の展開が読めない。

(小山田まゆみ ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『to you―小林麻央DVD付き写真集




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る