【タモリが友人から聞いた話】夢の中の友人が訪ねてきた!

この話はタモリが友人から聞いた話である。

友人の夢の中には、昔から同じ人物が何度も何度も出てきていた。リアルな社会において自分が知っている人物では無い。あくまで夢の中だけの存在であった。

ある夜、寝ていると、こんな奇妙なことがあった。

「ピンポーン」

突然玄関の呼び鈴が鳴った。




(こんな時間に誰だろう)

と思いながら玄関に行くと、夢の中の知人が訪ねて来ていた

「今日来ちゃったよ」

「あれっ、ホントに来ちゃったの?」

ビックリしたタモリの友人がそう言うと、その人は手に持ったとんかつの包みを見せた。

「とんかつ買ってきたからさ、一緒に食べない?」

「いいねぇ。じゃぁ、俺キャベツを刻むわ」

タモリの友人は、楽しくなってキャベツを刻むととんかつを食べながら、その知人といっぱいやり始めた。

その瞬間、目が覚めた。




(いやーなんだか変な夢だったなぁ)

そう思って台所に行くと、まな板の上でキャベツが細く刻まれていた。

アトラスでは過去にタモリに関する記事を何本か掲載している。「タモリ仙人伝説」「タモリが友人から聞いた奇妙なホテルの話」「タモリ重病説」などが人気のアーカイブである。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©写真素材足成

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る