大河「西郷どん」でシンクロニシティ!島津久光役、青木崇高が仰天した事件





2018年1月7日、今年の大河ドラマ「西郷どん」がNHKでスタートした。初回視聴率は15%とお世辞にも良い数字ではなかったが、以前アトラスでも報じたように、凝りに凝ったセットは見ものである。

西郷隆盛役の鈴木亮平の演技に次回からは期待したいところだが、キャストの中で不思議な体験をしたものがいる。

島津久光を演じている青木崇高がその人だ。青木は島津久光役を演じるにあたって、ご本人のお墓まいりへ行くことに決めた。たまたまスケジュールが空いていた2017年10月24日に久光公のお墓にいき、手を合わせた。



すると、興味深いことがわかった。

10月24日は久光公の誕生日であり、しかも、2017年10月24日は、島津久光が生まれた1817年10月24日から数えて120年目にあたる年だったのだ。

青木は驚くと同時に不思議なご縁を感じたという。

俳優は頂いた役と奇妙なシンクロ現象を起こす場合がある。今回もそんなシンクロニシティが起きたのであろうか。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『雨にゆれる女 [DVD]

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る