2017年芸能界ラッキーナンバー、「3」だった!?昨年より続く強大なパワー

本サイトでは昨年、2016年のラッキーワードは「三平」という都市伝説記事を掲載したが、この度新しい情報を手にしたので本記事で改めてご紹介したい。

ATLAS調べによると、昨年から今年にかけて大ブレイクした芸能人は、実に「3」にまつわる人物が非常に多いことがわかった。

百聞は一見然り。以下は昨年から今年にかけてブレイクした「3」のつく芸能人の一覧である。

・三四郎
・三浦貴大
・サンシャイン池崎
・加藤一二三
・スーパー三助(にゃんこスター)




どの芸能人もテレビで見ない日はないほどに大活躍している。反対に、一部の都市伝説では今年と昨年は「3」の付く関係者が番組や現場から去ると幸運も一緒に去ると噂されている。

こちらも以下箇条書きでご紹介する。

・三中元克 2016年レギュラーの『めちゃ×2イケてるッ!』を降板した後、2017年に番組終了が決定。
・飯島三智 元SMAPのマネージャだったが2016年の退社後にSMAP解散騒動が勃発。

ではいったい何故、芸能界には「3」のラックやジンクスが存在するのか・・・。

その鍵は江戸時代の男の三大欲求とも称される「飲む・打つ・買う」の「三道楽」に関係するのではないかと囁かれている。

「飲む・打つ・買う」とは「1.酒を飲む 2.博打を打つ 3.女を買う」の略で、芸人の元祖とされる江戸時代の落語家らが好んでいた男の道楽である。(※なお諸説はあるが、落語家の亭号「三遊亭」は「飲む・打つ・買う」の意味だという)

そのため芸人にとって「3」は江戸時代から連綿と続く芸人のラッキーナンバーであり、大事にすると幸福が訪れて、逆に軽視すると不幸になるのでないかとウワサされているのだ。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)



関連記事
にゃんこスター、パクリ疑惑!?このコンビ名って青森のゆるキャラと酷似…
笑点メンバー遂にお縄!?「落語家が逮捕」裁判で三遊亭小遊三が大迷惑
【血だらけ幽霊】落語界一の霊感の持ち主、林家三平が体験した怖い話
「にゃんこスター」大ブームであの歌手も再ブレイク!?紅白出場もあり得る?

画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る