にゃんこスター、パクリ疑惑!?このコンビ名って青森のゆるキャラと酷似…

現在、大ブレイク中のお笑いコンビ「にゃんこスター」に大きな逆風が吹いている!?

ATLASでは先日「にゃんこスター、早くも限界説!?」という内容の記事を掲載し、「単に男女のイチャイチャを見させられているだけでは?」などの手厳しい意見を紹介していた。

また別筋からの情報によると、にゃんこスターにはデビュー当初から一部の「ゆるキャラ」ファンから大きなバッシングを受け続けているという。

それは彼らのコンビ名にまつわる「パクリ疑惑」である。

実は青森県黒石市にはにゃんこスターによく似た「にゃんごすたー」という名前のゆるキャラが随分前にデビューしていたのである。



にゃんごすたーは赤い色をした猫のキャラクターで、公式サイトによると特技は「ドラム演奏」と書いてある。事実、そのドラムテクニックはゆるキャラ界では文句なしのトップクラスで「プロ級」としばしば話題になることがある。

このにゃんごすたーのデビュー時期は2015年であり、にゃんこスターの結成された2017年よりも2年早いために、当然のごとく「ネーミングをパクったのではないか?」との疑惑がゆるキャラファンの間で噴出していたのだ。

なお、メンバーのアンゴラ村長によると、にゃんこスターは「野良猫界のスターになろう」という意味でこのコンビ名を付けたといい、青森のゆるキャラとは何の関係がないことを明かしている。

しかし、にゃんごすたー自体も現状では「ポストふなっしー」を狙うくらいに人気ゆるキャラの一端ともなり得るために、名前の似通ったにゃんこスターが大活躍することで今後も様々な誤解が生まれそうな気配である。

余談ではあるが、あのXのYOSHIKIも太鼓判を押したという凄腕ドラマー「にゃんごすたー」命名の由来は、青森名産の赤いりんごとなってこの世に戻ってきた猫シロが、バンド仲間からビートルズのレジェンド・ドラマー「リンゴ・スター」を模してネーミングされたそうだ。

関連動画
BABYMETAL ~紅月-アカツキ- AKATSUKI~ Drum Cover

(安坂由美彦 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)




関連記事
「にゃんこスター」大ブームであの歌手も再ブレイク!?紅白出場もあり得る?
紅白司会、今年も紛糾により発表遅延!?難航中?それともサプライズ人事?
ブーム終焉!?ふなっしー、芸能界で逆風?不義理なフジテレビに梨友激怒!
「ご当地キャラ」の闇?某有名キャラが「セクハラ解雇」に?

画像©にゃんごすたーオフィシャルサイトより

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る