高騰必至?アポロ11号オリジナル音声データテープがオークションに





記念すべき月面着陸を成功させたアポロ11号の、唯一存在しているオリジナルの音声データを録音したテープがこの7月、オークションに上がる予定とのことで注目を集めている。

アポロ11号ミッションの画期的な成功にもかかわらず、オリジナルのテープ記録はNASAが1980年代にデータテープが不足してしまった際、やむなくデータを上書きして記録してしまったために失われた。

関連記事

アポロ11号月面着陸、宇宙人関与の証拠は宇宙飛行士の名前に隠されていた!?






しかし運良くミッションの様子を記録したテープのいくつかは残っていた。

40年前、Gary George氏がアメリカ政府のオークションから大量のテープを218ドルで購入した。その後、テープを精査してみたところ偶然3本のアポロ11号ミッションのオリジナルテープが含まれていたのが発見された。

彼はこれらのテープを当初テレビ局に売ろうと計画していたが、重要なアポロ計画のオリジナル録音が含まれていた上に3本のうちの1本はニール・アームストロング船長の有名な「一歩」の名言−−「That’s one small step for man, one giant leap for mankind.(人間にとっては小さな一歩だが人類にとっては偉大な一歩だ)」を含むデータだった事をつきとめた。

このデータテープについては現時点で最大200万ドルの価格がつくであろうと見込まれている。




関連動画
PROOF Of Aliens On The Moon In Apollo Radio Transmissions?

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Thanks for your Like • donations welcome PIXABAY


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る