【フジテレビMCの呪い?】朝の番組は恐ろしい何かに憑かれている!?

フジテレビに関しては様々な都市伝説が語られている。

過去のアーカイブでアクセスの高いものを紹介すると「霊障のあるトイレを封印」「怪談を馬鹿にした企画で祟り?めちゃイケ終了」「同性愛者を差別する表現でフジテレビ大問題」などがアクセスが高い人気記事である。

あくまで都市伝説レベルの話だが、業界で最近ささやかれている不吉な噂がある。

フジテレビの朝の番組のMCを務める人物は病気になりやすいと言うジンクスだ。

現在「めざましテレビ」(毎週月曜~金曜 朝5時25分から放送)のMCをしていた三宅正治アナは急性胆管炎を患ってしまい、入院している。その前のMCを務めていた大塚範一アナが白血病になっていた。

また「めざましテレビ」の終了直後から始まる「とくダネ!」(毎週月曜〜金曜あさ8時〜9時50分放送)のMCを務める小倉智昭アナも2016年に初期の膀胱がんを患っている。

毎朝早朝から局に入ると言う過酷なスケジュールと、常に視聴率を期待されるプレッシャーはMCの体を壊してしまうのであろうか?

三宅アナにはかような不吉なジンクスを吹き飛ばし、一日も早い回復してもらえるようにを心から祈りたい。

(馬鹿拓郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)




関連記事
総選挙1位に輝いたカワウソが急死、フジ女子アナ笑いながら速報伝えた!?
『バイキング』悪運伝説…出演者次々トラブル!坂上忍は「黒いタモリ」!?
東芝撤退『サザエさん』が「番組50周年」か「作者生誕100周年」で終了説!?

画像©フジテレビオフィシャル「めざましテレビ」より

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る