保毛尾田は同性愛差別?番組打ち切り?ゲイ、おかまは良くてホモは駄目?

フジテレビの宮内正喜社長が28日に放送された『みなさんのおかげでした』に出てきたキャラクター保毛田保毛男について、現在批判を受けていることに関して謝罪した。

社長が謝罪した以上、番組の打ち切りは必至と見られている。

フジテレビはバブル期に浮かれ過ぎ、のぼせ上った結果、今に至って視聴者の声が聞こえなくなった結果であろうか。



しかし、表現的にホモは駄目で、おかまやゲイは大丈夫なのだろうか。

調べてみると、ホモには差別的なニュアンスが含まれているが、ゲイという言葉には差別的な意味あいが薄いとなっている。おかまもやや蔑視の意味あいが含まれているがホモほどの差別語ではないらしい。

では今回問題になった「保毛尾田保毛男」を「ゲイ田ゲイ男」にすれば問題ないかと言えばそれは違う。同性愛で笑いをとる演出がまずいのだ。

どちらにしろ、フジテレビには猛省してもらいたい。

(松田ゲン ミステリーニュースステーションATLAS編集部)




関連ニュース
大麻とゲイ性愛、バラード上手なミュージャンA乱れたツアー
人気アイドルAに聖水プレイ強要していた変態性癖の大物女優
次の逮捕者ミュージャンBに警察が手出しできない理由は地元議員から圧力!?
美人タレントE激ヤセ!?体重30キロ台で入院寸前の噂
【超ド級情報】日本代表する俳優Xが大麻で逮捕!?人気ドラマ主役が遂に…
画像©写真素材足成

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る