次の逮捕者ミュージャンBに警察が手出しできない理由は地元議員から圧力!?

清原元選手の友人であり、覚せい剤や薬物の噂の絶えないミュージャンBだが、依然として警察の管理下にあるという。

本誌既報の通り、ミュージャンBは仕事以外はあまり外出をせず事務所や自宅に籠城を決め込んでいる。

しかしながら、地元警察による監視は続いており、野外での奇行や奇妙な発言があった場合は、すぐ職務質問し任意での事情聴取する体制はとられているという。

だが、強引な家宅捜査まで持ち込めないのは地元選出の国会議員から、かなり強いプレッシャーが警察サイドに入っているからであると噂されている。




つまり、将来天下りポストが欲しい警察キャリア組の連中は政治家からの要請には逆らえないわけだ。

ミュージャンBの場合、明らかに薬物をしようしている写真があるとされているが、現行犯に近いか議員の圧力がなくならない限り逮捕には至らない。

圧力に負けず、司法国家の日本における警察の意地を見せてもらいたいものだ。

(松田ケン ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る