空母がUFOを追跡していた!?アメリカ軍が衝撃のUFO動画を公開!

アメリカ海軍の空母ニミッツが発見、追跡した「UFOの映像」がネット上に公開されて話題になっている。

問題の動画は白黒で、軍用カメラによるものと考えられている。照準は空中に存在する物体に対して向けられており、物体は熱を放っているようだ。画面は時折切り替わりながらも上空に停滞する物体を追跡し続けていたが、最後には物体は急発進して画面左へ見切れるように飛んでいってしまう。

この映像は2004年にニミッツが任務中に遭遇した物体を記録していたもので、つい最近Blink-182のヴォーカリスト、Tom DeLongeが主催したライブビデオストリームの中で、元政府官僚発の米軍が撮影した本物のUFO映像として紹介され、話題になった。そしてイベントで紹介された後、注目を集めたこの映像はネット上に単独で上げられる事になったのである。



この映像について、ドキュメンタリー映画制作者のジェレミー・コーベル氏が追跡調査を行っており、日曜日午前のラジオ番組に出演した際に当時ニミッツに搭乗していた関係者らに取材し動画が本物であることを確認たと述べている。

アトラスでも何回か紹介しているが、軍が公式にUFOを捉えた動画や画像を公開する事はまれに存在する。2008年にはルーマニア国防相が2007年に空軍の戦闘機がUFOに遭遇、襲撃を受けたと公開して話題になっていた。

しかし、アメリカ軍がこうして情報公開を行うケースはきわめて珍しいため、多くの人々の注目を集める結果となったようだ。

先日、アトラスではアメリカ海軍が行っていたUFO追跡の極秘プロジェクトを紹介したが、このようにアメリカ軍が追跡した公式の動画が公開されるということは、アメリカ軍全体がUFOについて積極的に研究し、情報公開も行おうとしている事なのだろうか?

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連動画
2004 USS Nimitz Tic Tac UFO FLIR footage

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る