ビックフット着ぐるみ事件!50年代以前にビックフットという名称は無い

 ここ数年、インドにおいて毛むくじゃらの巨人が林の中で目撃されている。地元では「ホレストマン」と呼ばれており、インド版ビックフットとして人気を集めつつある。インド政府は、この怪物を観光に利用しようとしているのだが、果たしてどうなることだろうか。

 類人猿系UMAで 最も有名なUMAと言えばビックフットである。ビックフットで最も有名なフィルムと言えば、1967年10月10日カリフォルニア州ユーレカブラフクリークで撮影された「パターソンフィルム」である。ロジャー・パターソン(Roger・Patterson)と友人により撮影されたもので、森林を歩きながら時折振り返るビッグフットが映っており、筆者が子供の頃は、ビックフットが存在する証拠フィルムと言われており、歩き方や倒木を”膝を曲げずに飛び越える仕草”が、類人猿そのものだと断定されていた。




 だが、真相は2004年に明らかになる、”The Making of Bigfoot”という本の中で、パターソンフィルムに映るビックフットの着ぐるみの中に入っていたボブ・ヘイロニムスという人物が「このフィルムは全てインチキで、千ドルの報酬で着ぐるみの中に入った」と、告白したのだ。また、ビックフットの着ぐるみはフィリップ・モーリスという人物が435ドルで売ったものだというのだ。

 やはり、ビックフットとは現代アメリカのフォークロアに過ぎないのだろうか。

 そもそも、ビックフットという呼称は1950年代に生まれたものであり、それ以前にはなかったのだ。一部、ネイティブアメリカンの森の精霊伝承と関連づけて話す者もいるが、古来から伝わる伝承と近代のビックフット目撃談は違うものをさしているように思える。

 2002年11月26日ワシントン州でビックフット研究家のライ・ワラス(Ray L. Wallace)が死亡した。この人物は現在のビックフットブームの切欠を作った男であり、「ビックフット」という呼称を流布した張本人でもあるのだ。

 1958年8月カリフォルニア州にあった彼が経営する会社 Wallace Construction の敷地で巨大な足跡が発見され騒動となった。その顛末が『Humboldt Times』紙の一面記事として報道され、「ビッグフット」という未確認生物の名前が生まれたのだ。

 だが、彼の死後、甥のダリル・ワラス(Dale Lee Wallace)が、ビックフットの足跡は木製の16インチ足型を履いた伯父(Ray L.Wallace)が悪戯でつけたものであって、彼が生涯において撮影した数百枚のビックフット写真は着ぐるみであったと告白したのだ。つまり、たった一人の親父のアメリカンジョークから「ビックフット伝説」は生まれているのだ。

 この人騒がせなライ・ワラス(Ray L. Wallace)は、1967年に撮影されたパターソンフィルムの撮影にも関与している。なんとロジャー・パターソン(Roger・Patterson)に、ビックフットの撮影ポイントを教えたのは彼であったのだ。後年、ライ・ワラス(Ray L. Wallace)「あのフィルムはインチキでスーツの中にいた人物を知っている」と述べたとされている。

 もはや、完全にプロレスである。

 この二人の名優?の死後も伝説は続いていく。2009年に入ってからも、ビックフットを捉えた映像や目撃証言が続出している。夏にはポーランドにて、岩山を登っていくビックフットの映像が撮影された。さらに秋にはアメリカ・ケンタッキー州の民家の裏庭にてビックフットが撮影されている。




 また、ケンタッキー州に現れたビックフットは、アマチュアハンターであるKenny Mahoneyさん宅の裏庭に現れた。ケニーさんによって裏庭にはセンサーカメラが設置されており、カメラの前を”動く物体”が通るとシャッターが自動的に下りて撮影されるという形式のカメラであった。撮影された写真の一枚に、なんとビックフットらしき物体が写り込んでいたそうだ。ケニーの周りの人々は、ゴミ袋や何らかの野生動物ではないかと指摘しており、真相は謎に包まれている。

 2012年には、米国・モンタナ州で悲しくも仰天すべき珍事件が発生した。類人猿系UMAとして有名なビックフットがハイウエィで車に轢かれて事故死してしまったのだ。今回事故死したのは、ギリースーツ(落ち葉や木々などに紛れることができる軍人などが使う特殊なスーツ)を着込んだ人間であり、悪戯心でビックフットになりきり、ハイウエイを走行するドライバーを驚かそうとした結果の悲劇であった。

 15歳の少女が運転する車(モンタナ州では15歳で免許がとれる)にはねられた”悪戯ビックフット”は、道路上に投げ飛ばされたが、単なる落ち葉や土塊にしか見えず、後続する車に再び轢かれてしまい、絶命してしまったという。

 インチキ”ビックフット”が事故死とは、悲しき末路である。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)





 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る