プールで女性達が腰や尻切られる被害!子供犯行説も?刃物持ち込み可能なのか

8月21日、東京都あきる野市のプールレジャー施設「東京サマーランド」にて19~23歳の女性が腰や尻を切られる被害にあった。




怪我は軽傷とのことで大事はないとのことだが、家族連れが多数押し寄せるレジャープールでの事件ということで当日サマーランドに遊びに行っている家族を心配して電話をかける両親なども多かったという。

犯人はいまだ捕まっていないが、若い女性客を狙っているということで男性の痴漢や切り裂き魔、また被害にあった女性客の背後に怪しい少年がいたということで少年説も浮上しているという。

また女性が切られた場所は屋内の波の出るプールであり、周りにはレジャーシートを敷いて休める施設があり、持ち込んだお弁当を食べることもできる。以下は最近ATLAS編集部の関係者で最近サマーランドに行ったという人物の推測であるが「現実、刃物の持ち込みはできると思う」と証言がとれたのでご紹介する。

サマーランドは刃物やガラス類の持ち込みは禁止されているが、お弁当やなかにナイフ仕込めば園内に入場することはやろうと思えばできる。なので刃物を使ったとすれば、パンやおにぎりのなかにナイフを仕込んだ可能性はある。

また、スマホなどを入れる防水ケースはプール内部への持ち込みは可能であり、小型の刃物ならプール内に持ち込むことはできるはずだという。

しかし、サマーランドの警備は非常に厳しいため、上記の説はよっぽどの計画性がないと実現できないうえ、犯人が子供となると逃走することも難しいという。

またサマーランドの設備自体に不備があったのではないとする説もあり、解決にはまだまだ時間がかかるという。

(文:横須賀小禄 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)





 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る