【宗教問題】「ピカチュウVSジバニャン」新たな神仏分離!?

7月22日日本でリリースされたスマホアプリ「ポケモンGO」について島根県の出雲大社はトラブル防ぐため境内での「ポケモンGO」を禁止するという異例の処置を発表した。

現在、出雲大社の公式HPには「禁止事項」として、「神社境内地・周辺社有地及び國造館敷地などでのゲームアプリ「ポケモンGO」の使用は禁止とします」という一文を加えられている。




この対応にネットでは「結局は利用者のモラルしだいではないか?」「レアなポケモンがいるという噂が広まって逆にトラブルになるのでは」という声も強い。

日本に先立って「ポケモンGO」をリリースしたアメリカでは教会での「ポケモンGO」によるトラブルが報告されており、残念ながら日本でも宗教施設でのプレイを禁じる方向となってしまった。

また、皮肉なことに現在「ポケモン」のライバルとして君臨している「妖怪ウォッチ」は、以前ATLASでも報じた通り鹿児島県の「照国神社」とコラボした企画を行っており現在、アニメのOPは『照国神社の熊手』という曲が流れており今夏より鹿児島のご当地キャラを巻き込み妖怪ウォッチと照国神社は本格的な連携を開始するという。




日に日に激化する「ポケモン」と「妖怪ウォッチ」のシェア争い。

同じライバルでも日本の宗教からはまったく真逆の対応を取られれており、水面下ではただのシェア争いでは済まされない非常に生臭い闘いが始まる可能性があると一部では指摘されている。

(文:ミドルサイズパンダ ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

妖怪ウォッチ

関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る