エイリアン?突然変異?「ニューメキシコのスキンウォーカー」を目撃!

2014年、ニューメキシコで奇妙な生物が撮影された。




その生物は、通常の生物とは異なる身体的特徴を供えており、生物にある毛皮が見られないこと、2010年にルイジアナで撮影された動画の生物に似ていることなどから、こちらも「スキンウォーカー」と呼ばれるようになった。

ニューメキシコのスキンウォーカー2顔はサルに似ているが、まっすぐに伸びた前足と逆関節になっている長い後ろ足、反ったようになっている姿勢など、全体的に不気味さと違和感の漂う画像となっている。従来の生物では考えられない骨格をした生物の動画は話題を呼び、現地のニュース番組でも取り上げられるまでとなった。

ニューメキシコのスキンウォーカーについては、静止画像しか存在していないが、ネット上には前足を交互に出して移動する連続写真も出回っている。

ニューメキシコのスキンウォーカーの正体については、ルイジアナの例と同様に宇宙人説や奇形のサル説など諸説あるが、一番有力なのが「ブリッジのような体勢をとった人間」、つまりフェイク画像とする説である。確かに腹部の奇妙な膨らみは人間の臀部に見えるし、棒のような足との長さを考えると、太股から膝の部分で曲がって臑へ続いているように見える。

しかし、ニューメキシコ州といえばかつてUFOが墜落し、宇宙人の死体が発見されたというロズウェル事件の舞台でもある。やはり正体は宇宙人ではないか?とする見方も存在しているのだ。

関連動画
Skinwalker STRANGE ALIEN Caught On Tape In New Mexico 2014





 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る