【新説】AKB総選挙・指原莉乃の投票数逆読み「110342」には別の意味があった?





6月18日に発表された「第8回AKB48選抜総選挙」で連覇を達成した指原莉乃の投票数「243011」を逆読みすると「110342(1位をさっしーに)」と読めることが当日、指原本人の口から公表され話題を呼んだ。

しかし、総選挙から1週間、現在「110342」の並びに対し「別の見方もあるのではないか」という意見もあるという。現在判明している意味は大きく分けて2つある。

ネガティブなバージョンは「110342(いいおっさん死に物狂い)」これは、さっしーに投票した男性がその名のとおり死に物狂いで投票した結果を表しているという説。

実際、投票前には指原に9108票もの票を入れた中国人実業家の存在が明らかとなり、この中国人実業家が年齢的におっさんかどうかはわからないが数多くの「おっさん票」を集めたことを表すという。

またもうひとつは「ちょっといい話系」で「110342(いいおっさん42歳)」。

これは2014年の総選挙時に個人でさっしーに4600票を投じたというイチゴ農家の男性を表したものではないかという説もある。

イチゴ農家氏は貯金をはたき約460万円を投票券にし指原を1位にしようとした人物としてAKBファンには有名だ。実はこのイチゴ農家氏は2014年時には42歳のおっさんだったのである。

2016年現在には44歳となっており法則としては弱いが、イチゴ農家氏は本名を含めて素性は非公開で「42歳」としかわかっていないため「110342(いいおっさん42歳)」はギリギリ成立する。もっともイチゴ農家氏は2014年で指原が総選挙2位になって以降の動向はわかっておらず、2015年、2016年にも投票したかは不明である。しかし2014年の2位があったからこそ15年16年の2連覇があったとされており「110342」の法則はイチゴ農家氏の願いだった可能性がある。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

指原莉乃





 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る