コロナで在宅時間が増えたから?「家にお化けが出る」人が続出中!

新型コロナウイルス感染症の対策として、都市封鎖や外出自粛規制が世界規模で行われており、人々が家で過ごす時間が長くなっている。

だが、それに合わせて「自宅に幽霊が出た」という報告や相談が相次いでいるというのだ。

海外の超常現象研究家であり人気心霊番組のホストであるジョンE.L.テニー氏によれば、「新型コロナウィルスのロックダウンは、多くの心霊現象が身近で起きていたことに気付くのを助けているようだ」と主張している。




外出自粛で家にいる時間が長くなったため、これまで留守にしていたときに起きていた超常現象に遭遇する機会が増えているのだとか。

たとえばニューヨークタイムズでは、2019年には月に2〜5件も不思議な現象に対する報告や相談があればいい方だったのが、最近では報告が実に2倍近くになっていると指摘している。




テニー氏は「超常現象や心霊現象の報告が伸びているのは、新型コロナウイルス感染症からくる私たちの過度な警戒心や不安、緊張状態が続いていることと関係があるようです。これまでは気づかなかった自然現象や、ラップ音と勘違いしやすいウォーターハンマー現象などに過敏に反応していることが多いことからもそれが伺えます」と語る。

テニー氏はCBCラジオの番組であるAs It Happensのインタビューにて、さらに詳しく解説している。気になる人は、動画を見てみてはいかがだろうか。

関連動画
Real Ghosts Caught On Camera? Top 10 Scary Videos

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©longlonglong photoAC

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る