UMAにも影響?ビッグフットを襲うコロナ禍

新型コロナウイルス感染症のパンデミックは多くの分野や経済活動に影響を与えているが、中には思いもよらない所にも余波が広がっている。

アメリカを代表するUMAのビッグフットは研究者や関連施設も多く、イベントが行われたり観光客相手の博物館やギフトショップなどが存在していて一種の観光産業となっている。しかし、今回のコロナショックによる外出自粛のインパクトはこのビッグフット業界にも及んでおり、他の雇用分野と同様に収益が大幅に減少しているとのことだ。




また、新型コロナウィルスがビッグフット自体に影響を与えていないかという問題もある。

実際、ゴリラは新型コロナウィルスにかかる可能性が高いと考えられているため、ビッグフットもウィルス感染症による肺炎を患う可能性があるとみられるのだ。

オレゴン州でビッグフットセンターを運営しているクリフ・バラックマン氏は、「野性動物は病気の存在を理解していない。ビッグフットたちは人間にほとんど気づかれることなく、一般的には夜間に動き回っていると考えられる。他の霊長類が人間の病気にかかりやすいことを考えると、新型コロナウイルスがビッグフットの間にも広がる懸念がある」と問題提起する。




事実、一部のビッグフットハンターは、ビッグフットを保護するために荒野で探索する際にマスクを着用しているという。

また、ビッグフット研究者であるトーマス・セウィド氏は「私は仲間の調査官にも連絡して、このパンデミックが終息するまで調査で茂みの中に入るときはマスクを着用するようにして、距離を保つようにつとめている」と語っている。

新型コロナウィルス感染症対策はUMAに対しても必要なようだ。

関連動画
🔴 Sasquatch Videos 2020 Most Convincing Sasquatch Videos Ever Filmed 🐵 True Sasquatch Stories

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©THE HOLLYWOOD BREAKDOWN TV & Movie Scenes YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る