韓国妖怪「タルギャル鬼神」について

投稿  李さん

韓国と日本は、昔から近くて遠い国と言われています。それは、多分似ている所が多いからでしょう。

言葉、食べ物、気候、肌の色……妖怪もそうです。似ている妖怪もいます。

今回は、「달걀귀신」(タルギャルキシン、卵鬼神、卵幽霊)です。日本では、「のっぺらぼう」と言われる妖怪だと思います。




韓国人の友人に聞いた所、「怖いの嫌なのよ~」と言いながら…見る人によって、時代によって、姿、性別、年齢そして、姿を見せる場所全て違います。

ある女性が道を行く途中、背のスラリとした男性が、遠くの角で後ろ向きに立っています。イケメンのお兄さんが居ると思い、その男性に声をかけました。

振り返った、顔を見ると、目、鼻、口がない卵鬼神で、女性は、大声をあげて、逃げるのです。

卵鬼神は、通常うすぐらい路地や人里離れた山道に白い麻の韓国服で現れ、近寄り声を掛けてくる人に、真っ白い顔を見せて驚かせます。




怖い話しもあります。

卵鬼神を見た人は、数日以内に病気に掛かって亡くなったり、卵鬼神が相手の顔を奪って、その人の振りをして生き、顔を奪われた人は、卵鬼神になってしまう…

もしかしたら、卵鬼神が自分の家族や、友人、恋人の姿をして、生きて居るかも知れません。(書いていたら、怖くなりました><) (ミステリーニュースステーションATLAS編集部) 画像©Ethan Brooke PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る