赤い籠目(悪魔の交差点・本編) ゾーン110 赤い籠目

画像 竹堂随筆(国会図書館D)

かごめ唄発祥の地(千葉県野田市)


かごめの唄の碑

童謡かごめ唄は、歌詞内容の正しい解釈が未だに不明であるため、多くの俗説が生まれている。

また、被差別部落に関する内容を含んでいるとの説もあるため、関西方面など放送出来ない地域もあるので歌詞内容全文の紹介は控えさせて頂くが、正しい解釈が未だに不明である原因について筆者の推測を述べると、神仏分離などによる思想を統一する政策によって歌詞が変更されている可能性があるだろう。

そして、江戸時代以前から全国的に広く分布している有名な唄だったとするならば、消失させるのは難しいので、オリジナルの歌詞を分からないようにする目的で、偽のかごめ唄が幾つか作られ、拡散されたのではないだろうか。

かごめ唄の発祥説に千葉県野田市(常陸国付近)説があり、歌詞には籠も登場するので、かぐや姫に関係している童謡であると筆者は推測しているが、かごめ唄に関する江戸時代以前の記録が発見されなければ、完全解釈は難しい唄であろう。

関連記事

UFO天空脅威(悪魔の交差点・本編) ゾーン109 墓場に記された天空脅威の刻印④

 




ゾーン111 紅嶽弁財天(千葉県千葉市若葉区)

【千葉の城主であった千葉常胤が、夢枕に弁財天が現れたことに感激し、鎌倉の弁ヶ岳弁財天をこの地に移したと云われる。かつて、この弁財天の森の中には、小さな石橋の鶴亀橋とその近くに泉があり、泉(注1)の側でパチパチと手ばたきをすると、答えるように清水がモクモクと湧き出したことから、霊験あらたかな乳出の泉と呼ばれ、産み月を迎えた妊婦たちが多く参拝し、泉の水を小瓶に詰めて持ち帰り、お乳がたくさん出ると、お礼として倍の水を奉納するならわしがあった】

鶴亀と言えばかごめ唄なので、鶴亀橋の名前の由来について調査をしたが、鶴亀橋は既に消失しており、詳細は分からなかった。

注1:現在、泉は枯れています。

ゾーン112 紅龍山布施弁天(千葉県柏市布施 東海寺)

【大同二年七月七日の早朝、洞の中から紅色の龍が現れ、たちまちにして島が出現し、日が没する頃には大きな振動と共に不思議な雲が島の周辺にたなびいた。

そのとき、どこからともなく現れた弁財天がいうには「私は但馬の国、朝来群筒江村より来たりてこの島に降臨したり」と。これより以後、毎夜のごとく島には明るい炎が輝いていた。

弁財天が里人の夢に現われて述べるには「私が住んでいた安らかな山は、但馬国朝来群筒江村にあり、みるところ、板東武者はわがままにして欲が深く、仏神を敬おうとする者少なし。よってこの地に来たれり」と。里人は島に渡り、洞穴の中で光を放つ三寸余の尊像を発見した。この尊像が弁財天であることを知った里人は、歓喜のあまり藁葺きの小さな祠を構え、尊像を安置し、香華をたむけた。

弘仁年間、弘法大師空海は、各地を巡錫の途中でこの地に錫を止めた。

弁財天を仰ぎ見ると、知恵・徳のある桐にして慈悲の心あふれた像である。じっと見ていた空海は「ああ、これは以前、但馬筒江にいたころに彫刻した尊像である」と語った。

筒江には、香林庵という庵があり、この尊像は、空海がこの香林庵に止宿していたころに彫刻したものであった。

空海の弟子の雲龍が里人からその顛末を聞き、歓喜のあまりこの地を布施と名付け、紅龍山東海寺を開創した。この後、朝廷の庇護もあり、弘仁一四年、堂塔大伽藍を奉建し、荘園も寄進され勅願所に指定された。

ちなみに、ご本尊の弁財天は秘仏で、御開帳は巳年(十二年に一度)に行われます】

交差点№99をふり返る

異界と現世が交差する、関東のミステリースポット「魔の交差点」No.91~99




ゾーン113 目赤不動尊(東京都文京区本駒込 南谷寺)

【江戸五色不動尊の1つに数えられ、熱心な不動明王の信仰者である万行律師が、赤目山で祈願していたところ、天から黄金の不動明王像を授かったことに由縁する。

元は赤目不動尊と呼ばれていたが、徳川家光より現在の土地を賜り、目白、目黒不動尊に合わせて目赤不動尊にするよう命を受け、この土地に祀られることになった。不動明王は、本来インドの神で、大日如来の命を受けて悪を懲らしめる使者である】

参考:竹堂随筆(国会図書館D)、ウィキペディア、紅嶽弁財天案内板、
紅龍山布施弁天案内板、赤目不動案内板

★悪魔の交差点では、噂がある交差点や道路、橋などの情報を募集しております。情報をお寄せ頂く際には前世滝沢馬琴のメールアドレス [email protected] までご連絡下さい。皆さまからの情報や感想などを心よりお待ちしております。

また、当シリーズは交通安全がコンセプトなので、掲載されている場所を訪れる際は危険防止に努め、迷惑行為などのないよう自己責任において行動して下さい。(当方、一切の責任を負うことは出来ません。)

(前世滝沢馬琴 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る