小沢一郎へ「セクハラ」発言?古市憲寿を批判、「間が悪いのでは」の声も

6月19日夜、六本木のニコファーレにて「ネット党首討論」が行われ9党の与野党の党首が一堂に集まった。

MCは社会学者の古市憲寿氏で、会場には安倍晋三氏をはじめ志位和夫氏ほか小沢一郎氏などが参加し、消費税や憲法についてインターネット上での意見を交えた討論会を行ったのだが、途中、「生活の党と山本太郎となかまたち」の小沢一郎代表がMCの古市氏に対して不機嫌になる一幕があった。




各党の党首が発言を行うなか、アシスタントが小沢氏からあまり発言がないことを気にして「小沢さんはまだ一度も手をあげていないようですが」と振ったところ、古市氏は「小沢さんに再婚相手が見つかったどうか聞いてみたいんですが」と質問。その質問に対し小沢氏は怪訝な表情を見せ「それは今日のテーマでしょうか」と反論した。

その後、アシスタントから一枚の紙を渡された古市氏は「コレ読んだ方がいいのですか? 先ほど小沢代表に対しまして、大変失礼な発言をしました。発言を撤回して、心よりお詫び申し上げます」と釈明したが、小沢氏の怒りは収まらず「こういう場でそんなことを言うなんてどうかしている。お詫びするならきちんとお詫びしなさい」と古市氏に説教した。

この一連の騒動に対しネットでは「ひどいセクハラ発言だ」「小沢さんがかわいそう」といった発言が相次ぎ、古市氏のツイッターには非難の声が殺到している。

また、一部では「小沢さんはまだ一度も手をあげていないようですが」の質問のあと間髪入れずに「再婚相手は?」の質問を行ったことから、古市氏のなかでは「最初から再婚の質問はするつもりだったのでは」と推察されている。

また、この放送は時間があまりなく視聴者からは「時間がないなか、一生懸命に討論している高齢の党首たちにも失礼」といった声も多いが、一部では「面白かったけど、再婚の話題をブチ込むタイミングが悪すぎるような気が」といった古市氏の「間の悪さ」に対して違和感を覚える人も多くいたという。

(文:望月歌寿彦 ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

古市憲寿 小沢一郎





関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る