ある読者の思いがけない体験談 その6

投稿 はるうららさん

#9 狐の話の後日談

ちなみに後日談ですが、祖母曰く送り狐(きつつき)に祖父も遭遇した事があったようです。

その際、道の曲がり角で『ごくろうさん!!』と叫んだら背後の気配がなくなったとの事でした。曲がり角でごくろうさん!でOKなんですね(驚)

また、秦野の山では狐の嫁入りもしょっちゅうあったようで、祖母曰く『ほら!嫁入りだよ!』と姑さんに言われて山を見ると山にポンポンと火の玉が見えたそうです。

以前、祖母は住まいの近くにあった井戸が潰される際『いままでお世話になりました』とお塩を井戸まで撒きに行ったそうです。井戸を潰してからほどなくして、近所の住民が変死を遂げる事が続いたものの、祖母や母にはなにも無かったとの事でした。

狐火等、実際に目にしている祖母や祖父だからこそ、見えない存在への感謝の気持ちを持てていたのかなと思いました。

長々とオチの無い話を読んでいただきありがとうございます。(おわり)

ある読者の思いがけない体験談 その2
ある読者の思いがけない体験談 その1

ある読者の思いがけない体験談 その3
ある読者の思いがけない体験談 その4
ある読者の思いがけない体験談 その5

(山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Pexels PIXABAY




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る