呼び出されたエイリアンの姿?国立公園の写真に奇妙な人影が

アメリカ・カリフォルニア州南東部にあるジョシュア・ツリー国立公園にて、奇妙な写真が撮影されて話題になっている。

写真には、夜に野外で椅子に並んで座っている人々の様子が捉えられているのだが、そのうちの二人の様子がどうもおかしい。首から上が変にぼけているだけではなく、横に長く伸びているようにも見えるのだ。




写真に写っているのは海外で開催されたUFOイベントに参加した人々であり、UFOを召喚しエイリアンと「精神的な接触」を試みようとしていたそうだ。

UFOの撮影や交信は夜間の方が成功する確率が高いということで、カメラ機材で撮影の準備をしてから集会場所に戻った所だったという。




実はこの画像は連続で撮影したうちの一枚であり、この画像の直前直後に撮影されたものには、無人の椅子が2脚並んでいただけだったそうだ。しかも椅子はただのリクライニングチェアでしかなく、ヘッドレストやその他のアタッチメントは付属されていなかったとのことである。

それでは、この椅子に座っている人影はどこから出現したのだろうか……。別次元から来たエイリアンが一瞬だけ写ってしまったのではないか、という説も出てきているそうだが、果たして?

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©skeeze PIXABAY


 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る