【閲覧注意】ラーメンの材料はアレだった!というチョット怖い実話





Wさんはかつて大のラーメン好きであった。ラーメン好きが高じてラーメンライターのような仕事をやり始め、とうとうラーメンのグルメ本を出すに至った男である。そんなWさんが体験した話である。

(あの店はとんでもない材料をスープに使っているらしい)(その材料は秘伝中の秘伝で他人には教えないが、その店のラーメンがクセになる原因となっているらしい)

こんな噂を聞いたWさんは某都市で開業する屋台ラーメンを訪れた。頑固そうな親父が経営する小さな屋台店であった。

「いらっしゃい」

武骨な親父はどこか職人気質を感じさせ、Wさんは確かな期待を予感した。

「この親父できるな、問題スープの材料だな」

Wさんは、親父が手際よく仕上げたラーメンをすすった。

(旨い、確かに旨い、麺やチャーシューはなかなかの及第点だが、スープは抜群にいい、でもこの旨さ、いったいなんだ)

Wさんは視覚、臭覚、味覚を駆使し、その原材料を探った。だが、どうしてもわからなかった。

(こまった、この俺にわからない事があるなんて)

Wさんは、ラーメンライターとして、敗北感に打ちのめされた。そして、覚悟を決め、店主の親父に土下座して原材料を聞いた。




「頼む、教えてくれ」

店の親父は一言こう言った。

「このスープの原料は胎盤だ。みんな、胎盤の味は胎児の頃を思い出して安心するらしい。癖になるのはその為さ」

※本連載は『フーミー』および『まぐまぐ』で毎週配信中の山口敏太郎メールマガジン『サイバーアトランティア』の傑作選です。
現在会員募集中なので気になった方はぜひ定期購読をお願いいたします。

【メルマガの登録はこちらまで】
フーミー:http://foomii.com/00015
まぐまぐ:http://www.mag2.com/m/0001368191.html

※写真はイメージです

プラセンタ





関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る