恐怖を感じた時、本当に「気絶」をするのか?

投稿 タマリンさん

山口先生、12月も素敵なイベント予定がありますね。もちろん行きます。楽しみです。あと、画像配信も楽しみです。

ゲリラライブではこたつで発信されていましたか? 違ったらごめんなさいい。とにかく私は先生の質素なお姿を見て、アコギな金儲けは絶対していない!この方は、と改めて思いました。

今日は小話を一つ。ある心霊好きな知人のお話です。

知人のBさんは埼玉県在住40代男性・会社員です。彼は不思議体験心霊体験・UFO・UMA・古代文明などなど、オカルト全般が大好物のスキモノで、日常の中で出会うさまざまな人からいろいろなオカルト話を聞き集めるのが何よりの楽しみという人です。




私はよく情報交換をさせてもらっておりますw。Bさんの聞き取りの姿勢は、リアルな話から荒唐無稽な出来事まで、まずは相手の言うままに熱心に聴く、というものです。正しいフィールドワークをなさる方ですが、一点、Bさんには聞き取りをしていてどうしても気になってしまうポイントがあると言っていました。

それは「気絶」という事象です。人が体験談を語るとき、「気絶」という言葉が出ると、急に嘘くさく感じてしまうというのです。例えばいい感じで心霊話を聞いていても、お話をしてくださる人が「そこであまりの怖さに気絶してしまいました」などと語ると、その途端(嘘くさ!)とやや脱力してしまうというのです。

「だってさー、気絶って、頭打ったり貧血になったりして起こるもんじゃないの? いっくらなんでもいい大人がそんな、『怖い』くらいで気絶はないでしょうよーwww」というのが彼の言い分です。これには私も少し共感するところがありました。

しかし後日、Bさんからこの説について「反省した」という連絡がありました。それは、以下のような話です。

最近Bさんに仕事で地方出張がありました。宿泊先は本人が決められるので、せっかくだからとBさんはネットで調べ、「出る」というホテルに泊まることにしました。Bさんはオカルトは好きですが、自分で体験したことはなかったので今回もまったく期待せず、ごくごく普通に業務を終え、夜はすぐに眠ってしまいました。

夜中に目覚め、まだ夜だよねと、再び眠りに入ろうとすると、なぜか寝入る感じがつかめません。では、と起き上がろうとすると、体全体に重石を置かれたように動きません。生まれて初めての金縛りです。これが金縛り?これって金縛り?と、怖くもありながらときめいていると、Bさんの顔の真上の天井に、漆黒の丸いもやのようなものが浮かんでいたそうです。




(なんだあれは︎)Bさんは生まれて初めての怪異に目が離せずじっと見つめていると、その黒い塊はだんだん何かの形にまとまりながら下に、下に、つまりBさんの方へ、方へと降りてきます。うわあーー、と逃げ出したいのに動けず、叫びたいのに声も出せず、ただただ緊張だけが高まって行くうちに、急に気が遠くなって、気がつくと朝が訪れていたということです。

Bさんは、「私が間違っていました。『恐怖で気が遠くなる』というのは、「あり」です!」と力強く断言しました。

「ただし、」とつけ加えて言うには、「でもあれは、気絶とは別モノだと思うんだよね。怖いことは怖かったけど、自分は怖くて気絶したわけじゃないと思うんだよ。だって、むしろもっと見たかったし。でも、なぜか意識を保っていられなかったんだよね。あれはねえ、『気絶』っていうより、『強い睡魔に襲われた』、って言う方が近いかもしれない。見たい見たい、という気持ちとはうらはらに寝ちゃう感じ、一夜漬けの試験勉強で、勉強したいのに机で寝ちゃう感じと近いかな」と言っていました。

私はBさんのこの話を、これはこれで興味深く聞かせてもらいました。

(山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©StockSnap PIXABAY




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る