【放送事故?】『サザエさん』に登場した自動車、なんか気になる

2019年11月24日、アニメ『サザエさん』(フジテレビ系列)の放送50周年を記念するスペシャル番組が放送された。

1969年の放送開始以降、一度も中断せずに放送を続けているサザエさんは、この日はオープニングから幾分気合の入れ方も違ったようだった。いつもは「ご覧のスポンサーでお送りいたします」で済まされてしまうCMスポンサーも一社ずつ紹介していくという丁寧なスタイルで「いつものサザエさんとは違う」ことをアピール。

サザエさんにあの禁断アイテムが…




さらにスポンサーのCMも一味もふた味も違っていた。なんと、全9社あるスポンサーをすべて『サザエさん』がジャック。「日清どん兵衛」や「宝くじ」などのCMをサザエさん一家がこのための新作アニメでピーアールしていた。

なかでも最も注目されたのが、日産セレナのコラボCMだった。

サザエさん一家が日産の販売店へ車を買いに行った際、「家族のドライブが楽しくなる車」として『セレナ』が画面に登場。そして一家はこのセレナを購入し、ドライブへ行くというものだった。

サザエさんにペットボトルは相応しくない?

運転席はマスオ、助手席にはサザエ、二列目には波平と舟、三列目にはカツオとワカメ、タラが乗っていたのだが、この場面で多くの視聴者は三列目に載っているワカメのシートベルトに注目したという。

なんと、ワカメの乗っている座席のシートベルトが頭の上から伸びていて、しかも異様に長かったのである。

【セレナ】アニメ『サザエさん』放送50周年記念スペシャル コラボCM e-POWER篇




この光景を見た視聴者は「ワカメのシートベルトがおかしい」「作画崩壊では?」とネットに投稿。SNSはちょっとした騒ぎになったようだ。

しかしながら、アニメ本編ならともかく、これは自動車メーカーのCMである。いくらなんでも、こんなことはあり得ないはずなのだが……。

美少女アニメで作画崩壊

事実、CMに登場した日産セレナは作画崩壊ではなく、実際に車の上部から伸びていたのである。今は流行りの三列シートの多くは3列目の真ん中に人が乗るときのは天井からシートベルトが伸びるようになっているのだ。つまり、創作でもなんでもなく、マスオの乗っていたセレナは本当にこのような仕様だったのである。

とりあえず、作画崩壊でなくて一安心である。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Dayron Villaverde PIXABAY


 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る