シャーロックホームズも騙された!イギリスの妖精写真





かの有名な妖精写真は、昭和の子供たちに大きなトラウマを与え、妖精は実在するんだと思い込ませた衝撃的な写真であった。

1916年7月、イギリス・ブラッドフォード近くのコティングリー渓谷にて、地元の少女・フランシス・グリフィス(16歳)と、その従姉妹であるエルシー・ライト(11歳)によって、この写真は撮影された。

彼女たちは妖精たちが踊ったり、舞っている写真を1916年から1920年の間に全部で5枚撮影したのだが、この写真に騙されたのが、『シャーロック・ホームズ』シリーズで有名な推理作家のアーサー・コナン・ドイルだった。

かつて冤罪の人物を救った程の推理力を持ったドイルだが、当時は心霊に傾倒していた事もあり、この写真にのめり込んでしまう。




ドイルが写真の専門家たちに、二重写しの可能性を検討させ、その可能性が無いとわかると、1920年12月、「ストランドマガジン」に、ドイルは妖精の写真を本物として発表した。

幾つかの反論が出たものの、ドイルは死ぬまで本物と信じきっていた。

この写真の真相は時代と共に暴かれていく。1978年にコンピューターを使って分析をすると、妖精に陰影がなく、光りの当たり具合から平べったいものであると解析された。

また原版であるガラスプレートのネガを分析してみると、妖精の輪郭が明確であったことから妖精がまったく動いていない、つまり紙のようなものである事が判明した。




また、1917年当時、エルシー・ライトは、近所の写真館でアルバイトをしており、写真の技術を持っていた事もわかった。

更に、この妖精たちとまったく同じ姿をした妖精が掲載された絵本『Princess Mary’s Gift Book』(1915年発行)も確認され、妖精写真の信憑性は崩壊した。

1983年4月4日、タイム誌にフランシスとエルシーの告白文が掲載された。絵本の妖精を模写し、帽子止めのピンで固定して撮影していた。妖精は20世紀と共に消え去ったのだ。

関連動画
Mystery’s Explained Episode 2 The Cottingley Fairies

※写真はYOUTUBEからのキャプチャ

※本連載は『フーミー』および『まぐまぐ』で毎週配信中の山口敏太郎メールマガジン『サイバーアトランティア』の傑作選です。
現在会員募集中なので気になった方はぜひ定期購読をお願いいたします。

【メルマガの登録はこちらまで】
フーミー:http://foomii.com/00015
まぐまぐ:http://www.mag2.com/m/0001368191.html

アーサー・コナン・ドイル





関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る