【実話怪談】タクシー

 いよいよ2016年のあと残すところ一週間を切った。忘年会では1次会から2次会へと、ついいつもより羽目を外し、終電を逃して止む無くタクシーで帰宅する御仁も多いのではないだろうか。

 さて、以下は、筆者・山口敏太郎のサイトに寄せられた体験談である・・・。




 私は残業でいつも遅くなるとタクシーで帰ることにしている。(おっと、ちょうどいい、具合にタクシーがいるじゃんか)

 深夜2時頃、その日もタクシーを拾った。そして…、乗り込んだ。いつもは、駅前までいかないと拾えない。だが、会社のビル前で拾えたのはラッキーであった。

 私の自宅は千葉県でも有名な墓地の近くにある。都心からこの時間だと一時間半もあれば充分だろう。

「○○墓地付近まで行ってくれ」

私がそう告げると、その瞬間タクシードライバーの顔が恐怖で曇った。

「えええ、○○墓地って」

 まるで何かに怯えているみたいだ。私が声をかけた。

「おい どうしたんだい運転手さん」
「いやっ、すいません。行き先が○○墓地の近くだったもんで…、てっきり幽霊かと、はぁ」
「おいおい勘弁してくれよ」

 私は苦笑いしてしまった。いくら深夜まで働いている私でも幽霊に間違えられるなんて…。

「実は、最近幽霊の噂が多くて…」

 どうやら運転手の話によると、最近○○墓地まで行ってくれという幽霊が度々出ているらしいのだ。

「それは、くだらん噂話だよ」

 私と運転手さんはすっかり意気投合し、深夜のドライブを楽しんだ。私の自宅までたどりついた時、なんと我が社のタクシーチケットが使えない事がわかった。

「あれ? 使えないんですか」

 私の問いに恐縮する運転手。

「すいません、現金だけなもんで」
 
 やたらと、腰が低い。

「すまん。ちょっと、待っててくれ」

 私は自宅に入り、現金を持ってくるとドライバーに渡した。

「これで、いいかい?」
「いや、助かります」

 ドライバーは私に領収書を渡すと、車を発進させた。すると、瞬間に闇の中へと消えてしまったのである。

「うわあああっ」

 私は悲鳴をあげた。忽然と目の前から消失したのである。私は愕然とした。




(あの運転手こそが・・・)今まで一緒にいた運転手自身が幽霊だったのであろうか。なんと、領主書の日付を見ると昭和の年号であった。

 その夜以来、寂しいビル街ではタクシーは拾わないようにしている。それにしても、あのタクシーは今もどこかを走っているのだろうか。

(聞き手:山口敏太郎 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

※画像はイメージ写真

関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る