【これも放送事故?】吉本騒動、ゆりやんのリアクションに視聴者ニヤリ…

雨上がり決死隊・宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号・田村亮らの闇営業から端を発した吉本興行問題はますます混迷を深めている。

吉本興業・岡本社長の会見から1週間が経過したが、現在に至るまで解決の糸口は見つかってないばかりか、極楽とんぼの加藤浩次(https://mnsatlas.com/?p=50194)の独立宣言やダウンタウン松本人志が「松本興行」を立ち上げる動きを見せるなど、大混乱となっているのだ。

さて、かような吉本騒動の中にあって、ひとりだけ株を上げている芸人がいるようだ。




女性ピン芸人のゆりやんレトリィバァである。

騒動以降、多くの売れっ子吉本芸人は多くのマスコミから追われ、コメントを求められているのだが、その殆どは「わかりません」「コメントできません」と口が重く、多くを語ろうとしない。

そんな中で、ゆりやんだけはマスコミの突撃に対し、必ずひと笑いブチ込んでくる存在として注目されているというのだ。

現に7月28日放送の『真相報道 バンキシャ!』(日本テレビ系列)では、バンキシャスタッフの突撃インタビューに受けて「お答えできるものならお答えするのですが、今時間がなく急いでまして」とノーコメントで立ち去ろうとした際、ゆりやんはその場でチョコチョコと小刻みに移動。すると、スタッフから「全然急いでないですよ!」とツッコミを入れられるように、自ら笑いの場を演出したのである。

バンキシャ!古市、今後は出禁!?




また、別の番組の突撃取材でも、ゆりやんは「吉本分裂か」の報道に対し、顔を隠しさぞや大号泣かと思えば、なんと目蓋をひっくり返し、突然の変顔を披露したのだ。

多くの芸人が神妙な顔でノーコメントのなか、ゆりやんだけは貪欲に笑いを取ろうとするスタイルがネットで絶賛の声が相次いでいるという。

今後、吉本問題が長引いて行けばいくほど、ゆりやんにコメントを求めるメディアが増えそうである。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像『泣かせてくれよ(ゆりやんレトリィバァ盤)(特典なし)


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る