どこからどうやって来たのか?幕末の北海道に出現!謎の「大沼のサイ」





北海道南部の秀峰駒ヶ岳を望む大沼には奇妙な動物が現れたという記録が残っている。

万延元年(1860年)、蝦夷地で医学院及び薬園を運営していた幕臣の栗本鋤雲(じょうん)氏が江戸の医師に宛てた書簡にあったもので、そこには駒ヶ岳近辺で目撃されている不可思議な獣の詳細が記されていた。




いわく、「大きさは雄の牛ぐらい(2〜3メートル程度か)、額に一尺あまり(30センチ以上)の角があり、時々鹿部川を泳いでいる。ウグイが上流へ遡上する時期なので、その群れを追って移動しているらしい。川を下る際には特に角がはっきり見えるという。水に大きな体を沈め、かなりの速度で進んでいく」。

日本には昔も今も額に1本の角を備えた特徴を持つ大型獣が生息している(いた)という記録はない。あったとしても妖怪や幻獣など、伝説上の動物として報告されている程度である。書簡には続いてこの謎の生物について、以下の様な見解が記されている。




「私(筆者である栗本鋤雲)の友人であるイギリス人とフランス人の2人が見に行ったが、里の人はその動物を『山の神』と見なしており、口にすると祟(たた)りがあるかも知れないとして、何も教えてもらえなかったという。しかし、身体的特徴から、『サイ』に違いないとのことだ」

確かに、全体的な大きさや身体的特徴、水辺に現れるところなどから推測すると、現存する動物としては東南アジアの森林地帯に生息するスマトラサイないしはジャワサイが近いように思える。しかし、どちらも高温多湿な地域に生息するため、北海道で生き残れるのか疑問は残る。大沼のサイも、正体は不明のままである。

(山口敏太郎/加藤史規 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Ben Kerckx PIXABAY


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る