あの黒い未確認生物が再び出現!イギリスで激写された「ABC」





イギリスには謎の巨大な未確認生物の目撃談が昔から報告されている。

体外が黒い四足歩行の哺乳類という外見をしているもので、古くは「黒妖犬」という不気味な黒く大きな犬のような怪物が、現在ではまるで黒豹のような大型のネコ科らしき生物「ABC」が目撃されている。

「ABC」こと「エイリアン・ビッグ・キャット(Alien Big Cat)」は体長は60~120cmにも及ぶ巨大なネコ科の動物で、見た目は黒豹に似ているという。しかしイギリスに黒豹は生息しておらず、また動物園から逃げ出した等の報告もないため正体は不明となっている。




そんな「ABC」の姿を比較的近くで捉えたのではないか、とする動画が撮影されて注目を集めている。

問題の動画はある一家が撮影していたものである。一家はコーンウォール地方を車で移動中だったのだが、進行方向に謎の黒い生物を発見。たまたま車内で動画を撮影していたため、記録することに成功したのだという。

関連動画
Family spot panther-like feline prowling over hill near holiday park | SWNS TV






生物は猫のようにも見えるが、明らかにサイズが大きいようだ。そして生物はそのまま茂みの中へと消えていってしまった。一応、その後付近に車を停めて茂みの中を探してみたものの、もう生物は見当たらなかったという。

果たして、この生物の正体は何だったのか。現地では、本アトラスでも紹介した「愛犬を襲った黒い獣」(※愛犬を襲ったのは伝説の「ダートムーアの獣」だった!?)と何らかの関係があるのではないかと見られている。だとすると、イギリスで未確認生物の活動が活発化していることになるのだが、果たして?

(加藤史規 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©SWNS TV / YouTube


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る