事件

閉店間際に女性客を襲った卑劣な犯行「ペッパーランチ事件」の闇

2007年5月、ステーキ専門の飲食店チェーンであるペッパーランチの心斎橋店で、店長とその同僚が一人で来店していた女性客に対し、閉店を装いシャッターを閉めて拉致、その後貸ガレージへ連れ暴行を加え監禁するという事件が発生した。

被害者女性は、犯人たちが仕事のために不在となったところでガレージから脱出することができ、助けを求めたことから事件が発覚することとなった。

この事件は、犯人である店長と同僚が逮捕されたことで、一応の解決を見せたようにも思われたが、こんにちに至るまで謎が多く残る事件としても知られている。

この事件は、マスコミ・メディアによる追及があまりされていない。これほどの事件であれば、半ばセンセーショナルに報道されてもおかしくはないのだが、”不自然”と言われるほどに話題は沈静化されていった。

そもそも、事件発生から実際に報道がなされるまで、およそ1週間も期間が空いていたことも不可解である。

警察も大きな動きを見せることはなかったようである。被害者女性によると、犯人は他にも2人(計4人)いたとの証言もあったようだが、大量の睡眠薬を飲まされたことによる記憶違いとの見方が強められ、他の共犯者が追及された様子も特になかった上、この事件の捜査自体も早々に打ち切られている。

犯人である二人の男性についても、報道の際は中学生時代の顔写真のみが公開されたほか、ネット上でさえほとんど二人の情報が出てこないということも、事件の不審さを強くさせていった。

こうしたメディアや警察そして情報の乏しさから、ネット上では様々な憶測が囁かれることとなった。




最も広まったのは「人身売買」の可能性である。被害者女性が拉致されたガレージは、現場となった店舗から車でも1時間ほどかかる場所にあったという。海外へ輸送船も出ているような場所であり、またこの付近からは複数の免許証が見つかったり、ミイラ化した遺体が発見されたりしたという噂もあるという。

このことから、被害者は今回の女性一人だけではなく、常習的に行なわれていたのではないかとも考えられた。

また、逮捕された犯人以外の共犯者の存在についても、不気味な話がある。事件が発生したあとに、高槻市の踏切で男性2人が肩を組んで自転車を押しながら踏切内に侵入し、電車にはねられて亡くなるという事故があった。

この事故の被害者こそが共犯の2人ではないのかという推測もなされ、口封じのために消されたのではないかという声もあがった。

これら一連の出来事から、この事件は黒幕が存在しており、逮捕された2人もその指示を受けた末端の実行犯にすぎないのではないかと考えられたのだ。黒幕についてはいくつかの指摘もされており、大規模な宗教団体あるいは国外の組織に関係するものなど様々である。

事件があまりに深掘りされず、また犯人を含め情報もほとんど表にでていないことから、マスコミや警察に圧力をかけられるほどの存在がいるのではないかとも言われている。

因みに、この事件については人身売買のほか人肉を提供していたのではないかという噂も流れ、同時期に「人肉ステーキ」という都市伝説が、一時的ではあるが広まったという。

事件直後、本来であれば調査のために当分保存するはずの現場店舗が、急遽まっさらに撤去されたという点も、何やら証拠を隠蔽するためのものだったのではないかとも疑われている。

近年では逮捕された2人も既に出所したと言われているが、この事件は不審と不可解さを残したまま現在に至っている。

【参考記事・文献】
ペッパーランチ事件の真相と真犯人について考察!
https://xn--w8j5cwb6a1433a427bijc90wdu1d.com/2021/06/08/pepperlunchijikenn/
ペッパーランチ事件の真犯人はあの闇の組織だった!?事件の真相と不可解な謎
https://linart.net/the-truth-of-the-pepper-ranch-incident/
ペッパーランチ事件の真相とは?北山大輔・三宅正信や被害者のその後
https://cherish-media.jp/posts/10515
ステーキ専門店で起きた「ペッパーランチ事件」とは?怖すぎる真相とは?
https://entertainment-topics.jp/147315
店長が女性客レイプ 「鬼畜実態」が事前に暴露されていた?
https://www.j-cast.com/2007/05/17007706.html?p=all

【アトラスニュース関連記事】

(黒蠍けいすけ 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

Photo credit: hans-johnson on Visualhunt.com