オカ爺の南国UMA昔話 「石垣島のヤマピカリャー」





オカ爺は石垣島で生まれ育ち、30年ほど農業と畜産と漁で生計を立てていましたが、その後上京してから30年余りが過ぎました。石垣島では某オカルト月刊誌を見たことがありませんでしたが、上京してから間もなく某オカルト月刊誌と出会い、それから30年以上も愛読しているオカルトの強者です。今回は、オカ爺が南国で実際に体験したUMAにまつわる昔話をご紹介します。

伝説の猫ヤマピカリャー

あれは忘れもしない昭和45年、わいは10才だった。近所に住んでいたおじさんと一緒に、[いのだ二班]という部落の山奥まで、猪を捕まえるために仕掛けておいた罠を見に行った時、おじさんから聞いた話だ。1年ほど前、おじさんが同じ場所に猪の罠を見に行ったらな、猪の代わりに豹が罠に掛かっていたんだと。おじさんは驚いて、おそるおそる罠に掛かっている豹に近づくと、豹が突然目を光らせて「にゃ~ん」と可愛らしい声で鳴いたそうだ。その豹をよ~く見るとな、それは豹ではなくて豹柄模様の大きな猫でな、大人しい動物だったので、その大きな猫を鍋料理にして食べたそうだ。そのおじさんの話以来、わいは大きな猫の話を聞いた事がないので、近隣に生息していた最後の大型野生猫だったかも知れないのう。大きな猫の鍋料理は、まぁまぁ美味しかったそうだ。わいも食べてみたかったのう・・・

ツチノコ?石垣島でツチノコの話を聞いたことはないが、違う名前で呼ばれていた可能性はあるな。

赤い牛

石垣島のとある公民館が出来るまえは豊かな村があったけどな、マラリアが流行して村は全滅してしまったのだ。当時は、身内の死体をそのまま放置する者も居たからな、草むらに人骨が転がっていることは決して珍しいことではなかった。その公民館の周辺でも人骨が転がっているのを何度か見かけたものだ。

石垣島にはさんじんそうと呼ばれる、イタコと千里眼を併せたような能力を持つ霊媒達が居るのだが、ある日、良く当たると評判のさんじんそうが公民館の側に居たので、マラリアで全滅した村の跡地を霊視すると何が見えのるか聞いてみたのだ。そうしたらな、2頭の赤い牛が怒って喧嘩をしているのが見えるのだそうだ。流行病や村の全滅と何か関係があるかのう?




関連記事

オカ爺の南国昔話

猫に小判と刀

或る日、野良猫が小判を咥えて持ってきたので、猫が漁っていた場所に行ってみたらな、小判と刀が飾られている額縁が捨てられていて、もちろん偽物の小判と刀だけどな、立派な造りだったのでそのまま家に持ち帰り、親父の寝室の隣部屋に飾ることになったのだ。そうしたらな、毎晩その部屋からカタカタカタッ、カタカタカタッと奇妙な物音が聞こえるので、親父がその部屋の様子を見に行くと、何事もなかったかのように物音が治まるのだ。それから1週間ほどしてから、親父に額のことを聞いたらな、気味が悪いので遠くの方へ捨ててきたそうだ。それから物音はしなくなった。

馬車馬(ばしゃうま)

わいのおじいさんから聞いた話によると、沖縄が返還されて通行方向が逆になったけれどな、当時はまだ馬車が走っていた頃なので、馬車が逆走して大変だったそうだ。馬は走る道を覚えているからな、馬の上でうっかり眠ってしまっても、起きると目的地に到着しているんだ。




ヤマピカリャーについて

オカ爺から大型野生猫の話を聞かせて頂いたときは、石垣島には本島で見ることができないような動物が沢山生息しているのだろうとのんきに考えていたのだが、大型野生猫について調べてみると、オカ爺の話に登場する野生大型猫の特徴が、西表島から幾つか目撃情報が寄せられている伝説の猫【ヤマピカリャー】に似ていることが分かってきた。ヤマピカリャーは西表島に生息していると考えられているので、石垣島における大型野生猫の目撃情報ならば、例え50年前の話であっても、生物学上、大変貴重な情報になり得るだろう。そこで筆者は、ヤマピカリャー伝説が派生している背景などを調べてみることにしたのである。因みに環境省は、「ヤマピカリャーは伝説的な話であり、ヤマピカリャーの存在は確認していない。」と説明しているようだ。

伝説が派生している背景

イリオモテヤマネコやイエネコ(野良猫)とは区別されて、夜に光るものという意味合いから【ヤマピカリャー】と呼ばれている大型で尻尾の長い豹柄の野生猫が西表島に生息しているらしいということが発端となっており、1982年6月2日の読売新聞によると、長年イノシシ猟をしている猟師がテドウ山にかけての山中で10回にわたり目撃し、うち一回は捕らえて食べているほか、子連れのヤマピカリャー目撃情報が寄せられているようだ。また、2007年9月14日には魚類の研究のために滞在中であった某大学教授によって、イリオモテヤマネコより大型で尾が長く斑紋を持つ動物が、島内でも人跡まれな南西部の崎山半島で目撃されたことが伝えられている。西表島にヤマピカリャーが生息しているとしても10頭ほどではないか?と考えられており、目撃情報は50件程度で、詳細は良く分かられていないのが現状のようである。ヤマピカリャーをウンピョウやイリオモテヤマネコと同一視する意見もあるので、それぞれの特徴を簡単に図解で載せておこう。

ウンピョウは太くて長い牙を持っているので、動物に余り詳しくない人物がウンピョウを見て、猫と表現するかは疑問である。オカ爺の話によると、石垣島に生息している猪は琉球猪と呼ばれる種類で、おじさんはその猪を捕える専用の罠を仕掛けていたので、ウンピョウやイリオモテヤマネコの大きさでは、罠に掛かるのは難しいだろうとのことである。特徴などから推察すると、少なくとも50年ほど前までは石垣島にもヤマピカリャーが生息していたのではないだろうか?

(前世滝沢馬琴 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る