「チベットのシールの話」

私が外国にあった国産メーカーの自動車会社で働いていた時の話です。

通訳として2人の英語の堪能な日本人の方が働いていらっしゃいました。

1人の方は特別に美しく名前はAさんとしておきます。もう1人の方は少し日本語のたどたどしいBさんと言う方でした。

Aさんはある時、私にチベットのお経の入ったシールをくれました。

そのシールを窓のところに貼ると、そこから泥棒に入られました。前に住んでいたおじさんが泥棒よけの柵を直していなかったことを近所の人も知っていたのでシールのせいばかりは言えませんが・・・

Aさんはある日本からの駐在員も嫌いだったようで、その人もAさんからもらったそのシールをヘルメットに貼ったあとに、Aさんのミニスカートを褒めたことでセクハラと訴えられて日本に戻されました。

たぶんAさんはBさんを辞めさせたかったのでしょう。


Bさんは会社の雇用契約が切れると私に相談してくれました。私は様々な部署の長に伺い、何とかBさんを他の部署で仕事を見つけることができました。

AさんはBさんがいなくなるものと思ったのに、会社に居続けることが出来たために私に仕返しするためにシールを渡したのかもしれません。

すると、不思議なことに綺麗だと思っていたAさんはどんどん綺麗でなく見えてきたのは不思議でした。

通訳の人が2人来て、2人ともがサイキックだったことがとても不思議でした。そういえば、工場の隣のリゾートもサイキックでとてもよく知られていて、マドンナや有名人がデトックスで訪れるパワースポットだったのでその影響かもしれません。

メキシコとアメリカの国境にある小さな街のお話でした。

アトラスラジオを聴いているといろんなことを思い出すのでまた何か思い出したらメールいたします。

(アトラスラジオ・リスナー投稿 K.S.さん ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

Photo credit: San Diego Shooter on VisualHunt

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る