南アフリカで発見された鳥の足跡のような化石は恐竜だった・・・

2億1000万年以上前、古代の動物は鳥のような足で歩き回っていたことが、南アフリカのケープタウン大学のミエンガ・エイブラハムズ氏とエメーゼ・M・ボーディ氏による研究で明らかになった。

アフリカ南部の多くの化石遺跡には、トリサウロポディスカス(Trisauropodiscus)と名付けられた特徴的な3本指の足跡が保存されている。

長年に渡り研究者たちは、どの動物がこれらの足跡を残したのか、またトリサウロポディスカスの異なる種(専門的にはイクノスペックと呼ばれる)がいくつ存在するのかについて議論してきた。

研究者たちは、野外で見つけた化石の痕跡や、博物館のコレクションや写真などを多く使用した。その結果、トリサウロポディスカスの2つの重要な形態が明らかになった。1つは非鳥類の恐竜に近く、もう1つは鳥類の足跡に近い、というものだ。


これらの痕跡は、この地域や時代で知られている化石動物と直接一致するものではない。これらの足跡の中で最も古いものは2億1000万年以上前のもので、既知の最古の鳥類の体化石よりも6000万年古いのである。

つまり、これらの足跡は初期の恐竜によって作られた可能性があるというのだ。彼らは、恐竜のいとこである他の爬虫類が鳥のような足に収斂的に進化した可能性もあると指摘している。これらの足跡は、少なくとも三畳紀後期には鳥のような足の起源を確立しているということになるのだ。

「トリサウロポディスカスの足跡は、約2億1500万年前にさかのぼるアフリカ南部の多くの遺跡で知られています。足跡の形は、より最近の鳥類の足跡の化石と一致しているが、鳥のような足を持つ恐竜で、トリサウロポディスカスが産出された可能性が高い」と述べている。

(ZENMAI 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 https://twitter.com/chimran55

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る