「魔の踏切」

仕事に追われて大変ご無沙汰してしまい、齢91となってしまいましたYOROと申します。

先日、子供のころに経験した嫌な出来事を思い出したのでメールさせて頂きました。不謹慎とお叱りを受けるのではと思ったのですがご一読ください。・・・・

私が夕食の支度をしていると、妻が見ていたTVから「16時06分ごろT線で人身事故が発生した模様です。運転手は線路に子供が立っていたと話しており・・・」と言うような感じのアナウンサーの声が聞こえてきました。

私は、「子供が立っていた」と言うアナウンサーの言い回しが妙に心に引っ掛かり、夕食を終えるとすぐにPCでニュースを検索したのでした。

ヒットした結果は、3月12日16時6分T線K駅~T駅間で線路内に子供が立っており、ブレーキが間に合わずに11歳の男の子が事故にあったとありました。・・・

嫌な予感があたっていました。

実は、私が11歳の時に同じ場所で電車にひかれそうになったのです。おそらく、学校も同じだと思うのです。

私が11歳、転校して間もなくの事でした。学校で仲良くなったT君と遊び、この現場のすぐ近くまで来た時の事です、T君が何故か急に怒りだして「もう遊ばない!帰る!」と帰ってしまいました。

私にはT君がなぜ怒りだしたのかがさっぱり分からなくて、唖然として見送っていました。

どう考えてもT君が怒るようなことは言ってはいないと思った私は、ジワジワと怒りがわいてきて「何だアイツ?こっちこそ、もう遊ばねぇから!」などとブツブツ言いながら自転車に飛び乗り、ほど近い小さな遮断機の無い踏切を渡りだしました。

そして踏切のちょうど真ん中まで渡った時、横から前輪を蹴られように横の敷石の上に前輪が落ちてしまったのです・・・私は、自転車にまたがったまま前輪を持ち上げようとしましたが、何かに引っ掛かったように動きません・・・

「アレ?おかしいな?」と自転車を降り、前輪のあたりを覗き込んでも引っ掛かるような物は何も無く、何度か持ち上げようとしましたが、びくとも動きません。

その時です・・・・・パーン!と電車の警笛が聞こえて振り返ると電車が迫って来ていました。

慌てて自転車のハンドルを引っ張りますが全く動きません。振り返ると30メートルくらいまで迫って来ています。


ヤバいと思った瞬間、スローモーションになり・・・運転手さんを見ると、目を丸く見開いて口を開けて驚いた様子が見えました。

自転車を放置して逃げようかとも思ったのですが、子供心にも親に迷惑をかけるという思いがよぎってしまい、出来ませんでした。

そして、最期の力をふり絞るように声を上げ、前輪を全力で引き上げました。するとポーンと前輪は軽く浮き上がり、私は自転車を抱くようにして踏切の外に走り出る事が出来ました。

その時、電車はすでに10メートルくらいまで迫って来ていました・・・

後で考えたのですが、タイミング的に私が踏切を渡るときにはすでに踏切の警報がなっていたと思うのですが、何故気が付かなかったのでしょう?苛立っていたせいなのでしょうか?・・・

帰宅して母親からこの踏切では子供が亡くなっていると聞かされました。

母は「あの横の墓地は土葬だったみたいだからねぇ・・行かない方がいいよ」と意味ありげな事を言ってもいました。

その踏切は、その後も事故が続いたのでしょうか?踏切は閉鎖されています。

それからは、墓地と踏切の前は通らない様にしていたのですが、19歳の時に友人の運転で前を夜中に通った事があります。

まっすぐに墓地に近づいて行くと入口の前に一匹の黒猫が横向きに座っているのがヘッドライトに照らされました。黒猫をよく見ると顔をこちらに向けて、威嚇するように口を大きく開けて牙をむいています。

普通は鳴いて口を開けてもすぐ閉じると思うのですが、ずっと開けたままま逃げもせず威嚇してました・・・

私は黙って見て見ぬふりをしていましたが、友人も気づいていたらしく、墓地の正面を曲がりきると「今の猫、見た?」と聞くので「見た」と言うと、アクセルを全開に踏み込み逃げ出しました。

余談になりますが、以前に読んで頂いた「頭の中のダブルモニター」と言う話があったのですが、その中で、金縛り中に雑木林の横に立った水戸黄門のような恰好をした白面の者が飛んできて、私に「殺す」と言った・・・アイツが立っていた雑木林の100メートル程先に踏切があるのですが、もしかしたらアイツがやってるのでは?とか思ってしまいました。

踏切が閉鎖されてもいまだに事故が起きてることを知り、大変ショックでした・・・

もし、私が経験したような形で事故にあっている方がいるとしたら・・・ご遺族からすれば、亡くなった理由が分からず大変辛いのではないかと、お察し致します。

事故にあわれた少年のご冥福をお祈り申し上げます。

(アトラスラジオ・リスナー投稿 YOROさん ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

Photo credit: nubobo on Visualhunt

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る