血を飲み、太陽の光で火傷する!?自身を本物の吸血鬼だと主張する男性

欧州各地で語り継がれる恐ろしい怪物、吸血鬼。吸血鬼は長年、文学や映画等フィクションの世界でも欧米のモンスターの定番として登場し続けている。

しかし世界中に目を向けると、純粋に血を飲み、太陽の下に出られない「実在の吸血鬼」だと主張する人々も存在するようだ。

コロラド州に住む43歳のジョセフ・バリス氏もその一人で、吸血鬼「ルダヴィック」として知られている人物。彼は日光に当たると火傷しやすい体質を持っており、常にゴシック調の服装に身を包んでいる。更に吸血鬼としての最大の特長である、他人の血を嗜むことまで行っている。

彼がどうして「自分が吸血鬼である」ことを認識し、現在の生活スタイルに至ったのかは定かではない。しかし彼は「自分の魂にあるものをより深く理解するために、普通の生活の枠にとらわれないことを常に考えていたんだ」と説明。また、多くの人が気になるであろう吸血行為については次のように語っている。




「私は信頼できる数人の血を吸ったことがあるだけです。血ならば誰のものでも良いと言うわけではなく、恋人たちの血の方が好きです。また、吸血などの行動を起こす前に、必ず恋人やドナーにHIVとエイズの検査を受けることを重要視しています」

バリス氏もといルダヴィック氏は、吸血鬼であることに引け目を感じておらず、これもライフスタイルの一つだと考えている。その上で、悩める人々の生き方について次のように語っている。

「自分が自分であることは、常に内側から自然に出てくるものであるべきです。エキゾチックな服装や行動など一切なくとも、あなたが何者であるかを他人が感じ取れるような強いものであるべきです。本物であれば、自然とそうなるし、そうでなければ何も起こらないでしょう」

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

TOCANA関連記事
愛する人の血を啜る…自身を本物の吸血鬼だと主張する男性がクレイジーすぎる

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る